13年の経験を持つ社労士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ社労士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

社会保険労務士|法律系資格の中で…。

2017-06-15 05:40:07 | 日記

リアルタイムで、ないしは先々、社会保険労務士に独学スタイルで臨む受験生たちのために作成を行った、情報配信サイトになります。ページ内には合格を獲得する為の掴んでおきたいコツであったりまた、仕事について、及び業務の魅力などを展開しております。
合格にいたらず不合格だったときの、トータル学習時間の危険性を考えますと、社会保険労務士資格の取得試験に関しては専門スクールが開いている通信講座、OR直に専門学校をチョイスするほうが、安全性アリとみなしています。
個々の教科の平均の合格率については、大方10%程度と、1教科1教科ともに難易度レベルが高い社会保険労務士試験は、いわゆる科目合格制であるため、働きつつ合格を実現できる、資格です。
一般的に社会保険労務士試験は、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、学歴に関しては指定はないものです。今に至るまで、法律の詳細な勉強を一度もやったことが無いようでも、名高い大学を卒業していないという方でも、社会保険労務士の資格は取得できます。
通常通信講座を受講するという時には、社会保険労務士にしましても社会保険労務士であれど、いずれも受講者のお家までテキスト一式を送付して頂くことが可能なため、ご自分の限られた時間を有効活用して、学習するのが可能です。

スクール代が30万円超え、はたまたプラス20万の合計50万円以上の、社会保険労務士試験対策の通信講座といったのも特別ではありません。高額の講座は期間も、1年以上継続の長期間の受講コースで組まれているといったことが、しばしばございます。
社会保険労務士試験といいますのは、社会保険労務士の仕事に就くのに必須の専門的な学識、かつそれを現場で活かせる力量があるかどうかを、ジャッジすることを主要な目的として、行われている法律系の国家試験です。
法律系資格の中で、高い専門性を持つ務めをする、社会保険労務士と社会保険労務士なのですが、どちらの難易度が高いかといえば社会保険労務士の方が難しくなっていて、合わせて活動内容にも、大幅に各々異なっております。
一頃においては合格率10%超えをキープしていた社会保険労務士試験も、昨今は、一桁の割合にて停滞しております。当然合格率が一桁といえば、難易度レベルが超高い国家資格の1業種として、挙げられます。
現実全科目での合格率のアベレージは、おおよそ10〜12%で、これ以外の難関資格と比べて、合格率が高くなっているように捉えやすいですけど、それにつきましては各々の科目の合格率でして、社会保険労務士試験丸ごとの合格率というものではないです。

合格者の合格率の割合が3%のみの茨の道の、社会保険労務士試験で合格を実現するには、独学でする学習のみでチャレンジするといったことは、手強い場合が多くあり、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験勉強をするというのが通常であるといえるでしょう。
現実的に社会保険労務士試験を独学でパスするのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の方法に変化を持たせるとか、必要な情報を集めて吸収しておくことで、わずかな時間で試験合格を果たすのも、夢ではありません。
世間一般的に社会保険労務士試験は、試験の合格率が大体6%と周知されておりますので、実用的な事務系資格の内では、ハードルが高い資格に入っています。ですけど、出された全問題の内の正解数6割を超えれば、必ず合格圏内に入ります。
ここ何年かいつも、社会保険労務士試験でのリアルな合格率は、およそ2〜3%ぐらいとなっています。学習にかける時間数との釣り合いで考えますと、社会保険労務士の試験がどんだけ高難度かが見通すことができるでしょう。
法律で平成18年より、社会保険労務士試験制度については、新しく手直しがされました。それまでと違い法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一式の問題をはじめ、記述形式の問題といったようなこれまでになかった形式の問題もお目見えしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|通学講座コ... | トップ | 社会保険労務士|受験当日ま... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL