13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|一般的に税理士試験の主要な特徴ある点については…。

2017-07-13 01:40:02 | 日記

一般的に税理士試験の主要な特徴ある点については、評価基準に基づいた試験が執り行なわれており、合格できる定員人数を決めていないから、一言で言うと出題された問題の難易度の程度が、直接合格率に現れます。
長い時間を要する税理士試験の学習は、集中力を保つことが困難だったり、モチベーション維持やコンディションを整えることがしんどかったりとウィークポイントも見られましたが、全般的に通信講座を行って、満足のいく結果が出たように思われます。
実際に合格率のパーセンテージは、税理士の資格を得る際の難易度を確かめる確たる指標の1つですが、ここ何年かは、ちょっと前よりもこの割合が大幅にマイナスになってきていて、受験される方々から広く関心を集めています。
普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、税理士資格ゲットを狙っている人も中にはおられるとお見受けしますので、あなたのやるべきこと・やれることを一日一日欠かさずやり続けることが、税理士試験にて合格を獲得するための1番近道になるといえるでしょう。
税理士試験の役割は、税理士の資格を保有するのに求められる法律の知識、かつまたそれを応用する能力の有無を、チェックすることを主要な目的として、執行する超難関の法律系国家試験です。

一般的に毎年、2万〜3万人前後の方たちが受験をして、たった600〜900名のみしか、合格を獲得できません。その一面に注目しても、税理士試験の難易度がめちゃくちゃ高いというのがわかるといえます。
事実過去に法律関係の知識がないのに、ごく短期の学習時間で税理士試験に合格することができる人達も存在しております。彼らの大部分に当てはまっているところは、本人にピッタリの「効率いい勉強法」を選定することができたことです。
近年合格率が7%位と、税理士試験は他の国家資格と比較して難易度が高度な国家試験です。とはいえ、あんまり恐れなくてもよいのです。必死に頑張り続ければ、皆さん間違いナシに合格は得られるはず!
日本国内の税理士試験の合格率のパーセンテージは、概ね1割と、狭き門と言われているにしては、比較的高い合格率となっております。だけど、たった一度きりで合格実現を果たすというのは、ほとんど0%ということがわかっています。
実際に税理士試験におきましては、これといった受験資格というものはなくて、学歴については条件が定められていません。これまで、法律についての勉強を一度もやったことが無いようでも、頭の良い大学を出ていない場合でも、税理士資格は取得可能であります。

練習問題により理解を深め十分頭にいれ基盤をつくった後に、実用に基く応用問題にレベルアップしていく、基本の勉強法で取り組むのが、税理士試験での簿記論を極めるには、実効性があるようです。
ここ何年かいつも、税理士試験の合格率の割合は、2・3%程度となっております。必要なトータル勉強時間との相互の兼ね合いを一考すると、税理士の国家資格取得試験がどれ程までに高い難度であるか察することができると思います。
常に何でも「法律を基軸とした物事を捉えられる人間」であるORないのかを審査されているみたいな、大分高い難易度の試験に進化しているのが、現在の税理士試験の現況といったように見えます。
こちらのサイトでは、税理士の受験対策の通信教育を、正当にセレクトすることができるように、ニュートラルな立場にて判断可能な多種多様な材料を定期的にアップしていきます。そして、それをもとに自らが選択しましょう。
実際従前から、法律についての知識が全く無い時点から取り掛かって、税理士試験合格に欠かせない試験勉強時間は、「3000時間少々」というデータがあります。事実、ストレートで合格する人の学習時間は、約3000時間くらいとなります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|基本特徴ある科目合... | トップ | 税理士|毎年毎年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL