13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|あらかじめ法律に関する知識など無いのに…。

2017-06-13 17:30:04 | 日記

普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、税理士を目指す方も多く存在しているはずだと思いますので、自身の勉強を毎日ずっと欠かさずやっていく姿勢が、税理士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
あらかじめ法律に関する知識など無いのに、短期の学習期間にて見事税理士試験に合格した受験生もいます。この人たちに見られる共通点は、自身にピッタリの「現実に合った正しい勉強法」を確立したことです。
目下、あるいはこれから、税理士にオール独学でトライする人を対象として公開しております、総合情報ニュースサイトであります。サイト内では合格を目指すためのキーポイントまた、現場の仕事内容、並びに仕事の魅力などを様々に伝えております。
多種多様な事柄をまとめた指導書であってもとりあげられていない、知識が要求される問題などは、スッパリ諦めるべきです。やはり踏ん切りをつけることも、難易度の厳しい税理士試験におきましては、重要とされます。
出来る限り危険を避ける、安心できるように、確実なものにするためにという狙いで、税理士試験に立ち向かう場合、税理士資格取得対象の予備校などに通い学習した方が安心ですが、オール独学を選択することも支障はないでしょう。

スクール代が30万円超え、さもなくば総額50万円以上である、税理士対象の通信講座というのもしばしば見かけます。それに関しては受講契約の期間も、1年強の長期にわたっての教育コースになっていることが、多くあります。
試験の制度の改編に伴って、従前の運・不運に影響される賭博的な面が無くなって、正しくスキルあり・なしの力量が判定される試験として、現在の税理士試験はベースからチェンジしました。
一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という基準点制度が、税理士試験にはございます。分かりやすくいうと、「範囲内の点数に不足しているならば、不合格になる」というような点が存在しているのです。
合格者が少ないという風によく言われる税理士試験の難易度に関しましては、めちゃくちゃ高度なもので、合格率の状況も多くとも3パーセントと、日本の国家資格の中でも、有数の桁違いの難関試験であります。
一昔前までは合格率10%超えを保っていた税理士試験でございましたけれども、現在、1割以下の率でずっと定着をみせております。合格率一桁台であると、難易度レベルが超高い国家資格の中の一つとして、考えられます。

実際税理士試験に関しては、税理士の資格を保有するのに要必須な法令などの知識はじめ、そのことの応用能力を有しているのかいないのかを、審査することを目当てに、実施する最高峰の国家試験です。
もし日商簿記検定試験1〜2級をたった一人の力で独学で、合格を勝ち取った受験者なら、税理士試験での試験科目の簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科だけは、これらも両方独学で合格を獲得するといったのも、厳しい挑戦ではないのでは。
一流講師と直に触れ合うことが可能な通学面の利点は、惹き付けられるものがありますが、いつも高いモチベーションさえ維持すれば、税理士専門の通信教育で講座を受けることで、必ず実力を得ていくことが可能といえるでしょう。
基本税理士試験は、レベルが高い国家資格試験となっているんで、合格率が高い専門のスクールに頼った方が、堅実といえるでしょう。しかしながら、たった一人で独学で進めても、そのスタイルが最も効率的であるというような実例もよくあります。
一切独学で税理士試験にて合格を手に入れる場合には、自分にとって適切な勉強法を生み出さなければいけません。そうした際に、著しく最善なアプローチ法は、すでに合格をされた方が取り組んでいた勉強法とそのまんま同じようにすること。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|通常税理士試験は…。 | トップ | 税理士|従来は合格率10%以... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL