13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|実際税理士試験は…。

2017-07-13 17:00:04 | 日記

税理士試験に関しましては、年齢や性別、これまでの学歴などの指定はないですから、どんな人であろうと受験してもオッケーとなっています。これまで法律についての知識・経験が全然無くとも、イチからしっかり受験勉強を実行することで、高確率で合格することができるんですよ!
毎年総じて、税理士試験の事実上の合格率の数字は、およそ2〜3%ぐらいとなっています。必須とされる学習期間との釣り合いにて考えたら、税理士国家試験がどのくらい狭き門か知ることが出来るのでは。
平成18年度(2006年度)以後、税理士試験に関しましては、多数修正がされました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、重きを置かれるようになり、多肢択一式の問題をはじめ、40字程度の記述式の問題というようなこれまでになかった形式の問題も登場しています。
試験に合格することが出来ない時の、学習を行う合計時間の危険を見ますと、税理士資格取得の受験に関しましては学校が開催している通信講座、あるいは通学しての講座受講をセレクトするのが、安全性アリだろうと思っています。
今日この頃は税理士試験で合格を勝ち取るための、専門サイトであったり、長年の経験を持つプロフェッショナルの税理士が、受験生の為に定期的にメルマガなどを配信するサービスなどを行い、情報能力またやる気を上げるためにも役に立つかと存じます。

基本特徴ある科目合格制というやり方が採用されていることから、税理士試験は、社会人の方も受験しやすくなっていますが、その代わり受験勉強生活が長めになる可能性があります。よって先輩合格者方の優れた勉強法をお手本にすることをお勧めします。
実際税理士試験は、合格率が約6%という統計が出ており、事務系の公的資格としましては、難易度高の資格とされています。といいましても、全部の問題中60%正答であったなら、合格することが出来ます。
日本でもトップレベルの難易度となっている税理士試験に関しては、11科目の法律の内からいろんな難しい問題が出るため、合格したいなら、長きにわたる勉強が必要でございます。
簡単に述べますと「足切り点」(定められた基準点)という厳しい仕組みが、税理士試験には設けられています。つまるところ、「一定ラインの点数に不足しているならば、不合格扱いになる」という規準点があらかじめあるのです。
毎年合格率といえば、税理士国家試験の難易度具合が理解できる顕著なモノサシの一つなのですが、昨今、この値が顕著に低下気味であって、受験生達の関心が深くなっています。

税法の消費税法は、税理士試験の教科の中では、それほどにも難易度は高度ではないもので、最低限知っておくべき簿記の知識をキチンと把握していれば、割り方困難とせず、合格レベルに到達することが可能でしょう。
当サイトでは、税理士向けの通信教育を、適切に選び抜けるように、中立的な立場で判断可能な多種多様な材料を色々載せていきます。それより後はあなたが自分の目で見極めてセレクトしてください。
資格を獲得して、近いうちに「実力で活路を開きたい」というような攻めの気持ちがある受験生なら、もし税理士の資格試験の難易度がめちゃくちゃ高めでも、そのような垣根も確かに踏み越えることが可能だと思われます。
税理士資格の試験制度の改訂と同時に、これまでの運任せの賭博的な因子が省かれ、現実に手腕があるかないかがチェックされる登竜門的な試験へと、税理士試験の中身は刷新したのです。
税理士に関しては、もしも誰にも指導を受けずに独学で貫いても合格可能な資格の一つといわれています。目下、仕事を持っている方がやる気を出してトライする資格としてはとても有望ではありますけれど、併せて難易度も著しくハイレベルです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|押しなべて…。 | トップ | 税理士|可能でしたら危険回... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL