13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|世間的に税理士の資格取得は…。

2017-06-20 02:30:06 | 日記

受験制度の作り変えと一緒に、これまでの運任せの博打的条件が削除されて、純粋に技能の有無を大きく問われる難易度の高い試験へと、税理士試験は刷新したのです。
世間的に税理士の資格取得は、日本の法律系国家資格試験の関所として、広い世代に人気があるわけですがその一方、試験合格後には、自ら税理士事務所を立ち上げ、自営で開業することも選択として選べる法律系の専門資格試験なのです。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制をとっておりますため、税理士試験においては、社会人受験生も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験勉強期間が長くなってしまう印象があります。ですので、多くの先達の優れた勉強法を参考にするとよいのではないかと思います。
平成18年(2006年)度から、税理士試験の内容は、様々に改正が実施されました。従前と異なる点は法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、マークシート方式の試験問題だとか、記述形式の問題といったような新タイプの問題といったものも出されています。
実際合格率が平均7%といいますと、税理士資格試験はめちゃくちゃ難易度が高く難関そうにみえるけれども、基準点の少なくとも60%以上の問題に正解できたら、合格するということは確かとなるといえます。

一般的に法律系の国家資格であり、高度な専門性を持った仕事を行う、税理士及び税理士でありますけど、難易度の高さは税理士の方がより難しめで、さらに仕事の内容に関しても、結構異なる箇所がございます。
実際に日商簿記資格1級や2級を完全独学で、見事合格されたといった人であるなら、いざ税理士試験の簿記論・財務諸表論の2種教科だけは、ともに独学で合格を獲得するといったのも、高難度なチャレンジではないかもしれません。
当然税理士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、本当に難しいことではありますけれど、立ち向かいたいと考えておられる人は、先に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り掛かるようにするといいでしょう。
先に法律の勉強をしたことなどないのに、短期の学習期間にて税理士試験にて合格を可能にした猛者もおります。彼らの大部分に同じように見ることが出来る点は、皆個々にとって適切な「現実に即した勉強法」を確立したことです。
リーズナブルな値段設定や問題出題範囲を選んで、学習する量を可能な限り少なめにしているタイムテーブル、レベルが高い教材セット等が人気を得ている通信教育サービスのフォーサイト。税理士通信講座ならまずコレ!と言えるくらい、高い好評を得ています。

難易度が厳しい国家資格の試験に関係なく、各々別々に受験することも認められておりますので、それにより税理士試験は、各年最低5万名以上もの方が受験を申込する、受かりにくい試験となってます。
一般的に法人税法の中身は、事業所を運営する中で、必要な要必須な事柄であります。そうはいえども、覚えなければならないことがいっぱいあることにより、税理士試験の教科の中にて高いハードルなどと言われているのです。
高度な専門性を持った中身となっており、難易度が非常に高度となっておりますが、基本税理士試験においては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度の起用を実施しているため、各科目ずつ5年間かけて合格していくスタイルであっても、結構な国家試験なのです。
頑張って資格を取得し、この先「誰にも頼らず自分の力で挑戦したい」としたような熱い野望を持っている方なら、どれほど税理士の難易度レベルがかなり高くっても、その障害物もきっと超えることができるハズ。
実際現在の税理士においては、とても難易度が高い内容になっていて、どこの通信教育を選択するかで、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。ただし、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、どこを選ぶと最も良いか、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|当インターネットサ... | トップ | 税理士|国家試験制度の改定... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL