13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|合格率の数値が1割にも満たない7%前後と…。

2017-07-12 09:40:05 | 日記

2006年度(平成18年)から、税理士試験システムに関しては、かなり改正が実施されました。それまでよりも法令科目が、主要となり、マークシート方式の試験問題だとか、40字程度の記述式の問題というようなはじめての問題も出てきました。
イチから全て独学で進めているけど、科目勉強の時間配分や勉強のやり方等に、不安な点があるといった際には、税理士試験用の通信講座で勉強するというのも、ひとつのアプローチ方法であるでしょう。
現実司法試験と等しい勉強法である場合、新参の税理士試験専業の受験生と見比べて、勉強のボリュームが大量になりやすい傾向です。それだけでなく妥当な結末は迎えられず、コストと効果のバランスが悪いです。
法律系国家試験の税理士試験の合格率のパーセンテージは、10〜12%と、狭き門と言われているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。けれど、一度の挑戦で合格することが出来るのは、限りなく0%に近いと言われている現状です。
基本的に税理士試験につきましては、年も性別ともに受験の資格なんか無く、経歴は条件に入っていません。これまで、もし法律の専門的な勉強を何もしたことが無くとも、有名な大学を卒業していないという方でも、関係無しに税理士資格取得はできます。

現実的に税理士試験は、トップクラスを誇る難関国家試験といったように言われているため、基礎から応用まで学習できる専門スクールに入った方が、安心できるかと思います。でも、独学であっても人によっては、そのスタイルが最も効率的であるなんていうパターンも見られたりします。
普段からいろんな事柄に「法令を基に物事を捉えられる人間」であるのかないかをチェックするような、大変難易度の高い資格試験になってきていますのが、ここ最近の税理士試験の実際の様子として捉えられます。
毎年総じて、税理士試験の合格率の値につきましては、およそ2〜3%ぐらいとなっています。長期間の受験勉強時間との双方のバランス加減で考えますと、税理士試験がどれ位狭き門か推測していただけると思います。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、税理士試験はとても厳しい難易度の難関試験であります。ですけど、むやみに不安感を持たないようにしましょう。本気で勉学に励むことにより、皆さん絶対合格を勝ち取ることが出来ます!
どこよりも低価格であったり勉強範囲をチョイスして、費やす学習量を減らしたスケジュール、優良な指導書などが人気を得ている通信教育サービスのフォーサイト。税理士向けの通信講座ならばコレ、と言えるくらい、高人気となっています。

一般的に税理士試験の主要な特徴を示しますと、達成度を評価する試験が執り行なわれており、合格者数の定員を決めていないから、要するに試験全体の難易度そのものが、確実に合格率に反映されることになります。
高難度の「理論暗記」はじめ税理士試験の能率的な勉強法及び頭脳の開発、速聴力&速読力に関しましても徹底究明!それ以外にも暗記方法、その上知っておくと良い勉強に、有益な多様なツールを皆さんに提案していきます。
実際税理士におきましては、法律上の資格試験の難関でありながら、男女問わず・世代関係ナシで注目されており、そして見事合格した以降は、個人事業で会社を設けて、はじめから独立・開業の道も出来る法律系の専門資格試験なのです。
つい最近は税理士試験に勝つための、オンラインサイトでありましたり、経験豊かな税理士が、受験生に宛ててメルマガニュース等を発信中で、情報収集の力のみならずやる気をアップするためにも便利だと思います。
税理士の国家試験の合格率のパーセンテージは、1・2%程度という結果が出ています。近年においては、法律を専門に学ぶ法科大学院の教育機関が開講されて、そのコースを終えることが出来れば、新司法試験を受験する際に必要な資格が得られるようになっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|何から何まで盛り込... | トップ | 税理士|実際法務専門の法科... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL