13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|税理士試験については…。

2017-08-13 16:10:06 | 日記

実を言えばDVDを活用しての勉強やまた、テキスト教材を見るという勉強アプローチに、僅かに不安を持っていますけれど、リアルに通信講座によって、税理士の国家資格を取った先駆者も大勢いますし、独学で行うよりかは、マシであるだろうと受け止めています。
一流講師に直で教えてもらうことができる専門スクール通学のプラスの面は、惹き付けられるものがありますが、常に攻めの気持ちさえ維持すれば、税理士専門の通信教育で講座を受けることで、不足のない実力を養っていくことが出来るはず。
1年間の中で秋時期の9月から、次に迎えます年の税理士試験向けに用意し出すとした人なども、多くおられるかと思います。1年間近く長く続く受験学習では、己に最善な勉強法で実践する創造性も求められます。
実際に司法試験と似た勉強法で行うのは、初心者の税理士試験のみに集中する専業の受験生より、全体の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。加えて満足できる結末とはならず、需給バランスがあまりよくありません。
学校で法律を学んでいなくっても、並びに実務の経験ゼロであっても税理士にはなれるわけですが、しかしながら全部独学というケースは、かなりの勉強時間・量とも必ず求められます。自分自身も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、身にしみています。

税理士試験については、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、経歴は条件にありません。ですので、今まで、法律の詳細な勉強をした経験があらずとも、頭の良い大学を卒業していなくっても、そんなことは関係なく税理士資格取得はできます。
結論から述べると、現実的に完全に独学であろうと、徹底的に、税理士のすべき役目について知ることができたなら、合格を勝ち取るといったことは可能でございます。しかしながら、それを実現するには並大抵ではない、長時間を勉強にあてることが要されます。
実際毎年、2〜3万人の人が受験し、その中からたったの600人〜900人位しか、合格判定を得ることが出来ません。その点を見ても、税理士試験の難易度の加減が認識できます。
実際に合格率が10%以下と、税理士試験は難易度レベルが高めの国家試験でございます。しかし、過度に恐れないで大丈夫。必死に頑張り続ければ、どなたであろうと必ずや合格実現は目指せます!
日中会社に通勤しながらコツコツ勉強して、ようやっと3度の試験にて税理士合格を果たした、自らの乗り越えてきた経験を見つめ直しても、昨今の難易度に関しましては、大分上がっておりより狭き門になっているのではないかと思います。

税金について定められている消費税法は、税理士試験の必須科目の中では、そんなに難易度は高度になっていなくて、基礎的な簿記の知識を掴んでおくことによって、比較的結構難しいことなく、合格点数のボーダーを越すことが出来るはず。
法令系の国家資格であって、専門知識が要求される務めをする、税理士かつ税理士なんですけれど、どちらの難易度が高いかといえば税理士の方がハードルが高く、加えてその業務の中身にも、随分相違点が存在しています。
基本特徴ある科目合格制というやり方が設けられているため、税理士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験勉強期間が長くなることが傾向として起こりがちです。ぜひ過去の諸先輩方たちの優れた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
税理士の資格を取得して、今後「誰にも頼らず自分の力で前に進みたい」とのような積極果敢な願いを持つ人であるなら、もしも税理士の試験の難易度が高い場合でも、そのハードルもきっとクリアできるでしょう。
現実的にレッスンを受講できるスクールかつ中身なども多様に取り揃っております。ここでは、色々な税理士向けの講座の中から、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも効率よく学べる、通信講座を設けている資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|基本税理士試験を独... | トップ | 税理士|良い点が多い…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL