13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|平成18年度(2006年度)以後…。

2017-06-18 13:50:02 | 日記

平成18年度(2006年度)以後、国家試験の税理士試験は、沢山改定がされました。それまでよりも法令科目が、主要となり、多肢選択方式の問題やまた、記述式(論文)での問題のような新たな傾向の問題も見られるようになっています。
実を言えばDVDを活用しての勉強やまた、テキストを活用しての勉強のやり方に、ちょっぴり不安感があるのですが、事実毎年通信講座により、税理士資格取得を実現した先輩方も多くいらっしゃるし、オール独学よりかは、合格への道が近いと思うようにしています。
今から受験勉強に取り掛かるという人にとっては、「税理士試験は、どれほどの学習時間を持ったら合格をゲットできるのか?」といった情報は、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。
通学での講座と自宅にいながらの通信講座を順番に受講することが出来ます、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、ハイクオリティのテキストブックと、プロの講師陣によって、長年税理士合格者の2分の1を輩出するという素晴らしい実績を残しております。
従前は税理士試験を受験したとしても、相対して取得できやすい法律系資格なんていうように言われておりましたが、つい最近においては物凄く難しくなっており、相当努力しないと合格することが困難であるという資格の一つになります。

通常税理士試験を受けようとする際には、年齢はじめ性別に関する受験条件が無いため、大卒等の学歴は限定されておりません。今に至るまで、法律の詳細な勉強を行ったことがない場合でも、立派な学校を出ていないという場合であろうと、誰でも税理士資格取得は可能なことです。
税理士に関しては、国家資格試験の難しい関所でありながらも、若者から中年まで広い層に大人気となっているわけですが、合格を勝ち取った以後は、早々に個人での事業所などをイチから構え、業務を行うというのも実現できる法律系国家試験の一つです。
超難関の法律系の国家資格とされている、専門知識が要求される仕事を担う、税理士と税理士なのですが、現実の難易度に関しては税理士の方がハードルが高く、そうして携わる仕事の中身にも、いくらか各々異なっております。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、税理士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い法律系国家試験です。ですけど、それを必要以上怖気づくことはないです。コツコツ努力を重ねることにより、老若男女誰にでも必ずや合格は切り開けます!
いわゆる難関とされております税理士試験の難易度に関しては、すごく難しくって、合格率の平均値もたったの2%・3%と、国内の国家資格の中でも、トップを誇る難関国家試験です。

必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年がかりとなる税理士の難関試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が整っているかが、合格への大きな鍵となり、その中でも通信教育講座は、なおさらそういった部分が関与してきます。
現実法律専門研究の法科大学院の修了者であれど、不合格の結果となることが起こりえるため、効率的な最善の勉強法を熟考し挑まなければ、税理士試験に合格するのは厳しいでしょう。
基本として、税理士試験にオール独学にて合格を勝ち取るのは、簡単にできることではないという現実を確認しておきましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%に到達しないデータによっても、明らかに思い至ることです。
今時は税理士試験合格対策の、ネットサイトですとか、長年の経験を持つプロフェッショナルの税理士が、受験生に対してメルマガニュース等を発信中で、情報集め・読解力&モチベーションを上げるためにも役立つものではないかと思います。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは税理士事務所で働いて、現場歴を積みスキルを磨きながら、確実に学習をしていくような人のケースですと、通信講座の選択が適切といえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|実際科目合格制度の…。 | トップ | 税理士|現在数多くの方々が…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL