13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|基本税理士試験を独学で合格することは…。

2017-08-13 12:40:10 | 日記

一般的に税理士の資格取得は、合格率の割合が6%前後と言われていて、デスクワーク・事務系資格では、ハードルが高い資格に入っています。ですけど、全ての試験問題の中6割以上正しく答えられたならば、必ず合格圏内に入ります。
一般的に税理士試験につきましては、税理士として活躍するために絶対に必要な学問の理解と、その応用する力や素質を有しているのかいないのかを、真に判定することを主要な目的として、実行する最高峰の国家試験です。
超難関として周知されている税理士試験の難易度に関しては、超高めのものになっており、毎年の合格率もたった2〜3%少々と、法律系の国家資格の中でも、上位の難関国家試験です。
合格が叶わず不合格になった際の、膨大な勉強時間の危険性を考えますと、税理士試験につきましては専門学校が提供している通信講座、それか通学授業コースを活用すると言ったのが、より安心だと思われます。
会計と税務の個別論点の中身に取り組み出したら、関係する演習問題に可能な範囲で取り組んで、数をこなして問題慣れしておくとの勉強法を採用するのも、税理士試験においての簿記論対策につきましては大変有効となります。

何年か前までは合格率の数値が10%あたりが一般的だった税理士試験でありましたが、今となっては、ダウンし一桁のパーセンテージが続いております。合格率一桁のケースですと、高難易度の法律系国家資格のひとつとして、考えられます。
あらゆる情報を集めている教本の中にすら記されていない、知識が必要になる問題に関しましては、直ちに諦めるといいです。いさぎよく切り捨てるのも、難易度レベルが高い税理士試験に対しては、肝心なことなんです。
常時何事にも「法律をベースに置いた問題に接することが可能である人」であるかそうではないのかということを確認されているみたいな、超難易度が厳しい試験としていわれているのが、昨今の税理士試験の真実と受け止めています。
訓練問題によって理解度をアップし基礎の部分を掴んだ後、試験対策の全体問題演習へと変えていく、いわゆる王道の勉強法をやっていくのが、いざ税理士試験の会計科目の簿記論におきましては、かなり効果的みたいです。
無論、税理士試験に関しては、生半可な姿勢では合格への道が遠くなる、難易度の高い資格試験だと考えております。結局のところ勉強にあてることができる時間を有効に活用して学習に励んだ受験生が、合格への道が開ける試験なんです。

合間の時間をフルに活かして、勉強が行えるため、会社通勤かつまた家事などと両立して税理士の資格をとろうと考慮している方たちには、空いた時間に出来る通信講座は、ひときわ役に立ちます。
基本税理士試験を独学で合格することは、超困難ですけれど、学習法に手を加えたり、大切な情報・データを収集することで、短期で合格を勝ち取ることも、可能になります。
税理士の国家試験の合格率のパーセンテージは、1割ほどと言われています。今日び、国内にて法科大学院という機関が新しくでき、そちらの教育課程を終えれば、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位を手にすることができるのです。
仕事を継続しながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、3回目の正直で挑んだ試験で税理士合格を果たした、わたくし自らの実際の体験を顧みても、近年の難易度については、とっても高くなっていてさらに難関になってきていると思っています。
このサイトは、第一線で活躍しているベテランの税理士が、税理士試験のおススメ勉強法を助言し、かつまた数多くの税理士資格取得専門の通信講座の評判、ユーザーの口コミなどの調査をして、掲載している税理士に特化したサイトとなっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|なるべくリスクヘッ... | トップ | 税理士|税理士試験について... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL