13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|税理士試験の学習を行っている際は…。

2017-06-14 04:40:03 | 日記

司法試験と同一の勉強法でありますと、事前知識の無い税理士試験専業受験者と比べまして、全体の勉強量が膨大になりやすいです。それだけでなく条件に見合った成果は見られず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
最初から会計事務所だとか税理士事務所に勤務して、経験実績を積んでスキルアップしながら、少しずつ学ぼうというタイプの方は、どちらかといって通信講座(通信教育)がピッタリ合っていると判断します。
資格取得が難しい試験といわれる税理士試験にいざ臨むときには、本気で取り組まなければ絶対に合格することは不可能でしょう。なおかつ独学にて合格を叶えるというのは、超頑張らないといけません。受験生の皆様にちょっぴりであれど貢献できるインターネットサイトとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
繰り返し演習問題で理解を深め十分頭にいれ基盤を固めてから、実践的&総括的な問題へと差し替えていく、一般的な勉強法を行うのが、税理士試験の中における試験科目の簿記論にとっては、効果が高いようでございます。
一般的に税理士試験は、高い難易度を誇る国家試験と挙げられておりますので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに頼った方が、確実に無難かと思われます。だけど、独学であっても人によっては、非常にスムーズに行くといったような事例もあるようです。

受講代金が少なくとも30万円以上、時々には50万を超える額の、税理士の資格の通信講座も珍しいことではございません。また受講を行う期間につきましても、1年以上継続の長期スケジュールのカリキュラムとなっているケースが、一般的です。
不適切な勉強法で行い、迂回することほど、もったいないことはないです。必ず効率がいいとされる学習法でごく短期で合格を得て、夢の税理士の道を切り開きましょう。
実際とても難しいと口々に伝えられている税理士試験の難易度については、物凄く高度で、合格率の割合も約2〜3パーセントと、法的な国家資格の内でも、ハイレベルとされる最難関試験といえるでしょう。
税理士試験の学習を行っている際は、集中力維持が難しかったり、常にモチベーションをキープすることが簡単ではなかったりというような弱点も実感しましたけれども、結果的には通信講座を選んで、満足できたと感じています。
法律系国家試験の税理士試験の合格率の値は、10%〜12%と、高い難易度であるとよく言われているにしては、比較的高い合格率となっております。だとしても、一発勝負で合格を可能にするのは、極めて困難で望みが薄いと昔から言われているようです。

合格率僅か2〜3%の難易度の高い、税理士試験におきまして合格を勝ち取るためには、1人独学での受験勉強だけですと、容易に事が運ばないようなケースがよくあり、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して学習するのが大半でしょう。
実際に多くの資格取得専門学校では、税理士になるための通信教育が存在します。そうした中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、近代の最先端のツールで通信教育が受けられる、予備校や資格学校もあったりします。
日本で実施されている国家資格の中でも上位に入っている位の難易度である税理士試験については、憲法・民法などの11教科の法律から幅広い問題が出ますので、合格したいなら、長い期間に渡っての勉強時間が絶対に必要とされます。
難易度の高い税法の科目「理論暗記」を主として、税理士試験の効率のいい勉強法、加えて脳を鍛えるトレーニング方法、速聴や速読といったことなどについてもオール調査!その他にも上手い暗記のコツであるとか、勉強に、貢献する&実践的な各種ツールなどをこちらで色々ご紹介します。
合格できず落ちたときの、合計勉強時間のリスク度合いを思うと、税理士の受験は学校が提供している通信講座、その他には通学タイプの講座を選ぶようにする方が、間違いないものと言えるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|一般的に良質な演習... | トップ | 税理士|実際難易度がめちゃ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL