13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|税理士試験を受けるにあたっては…。

2017-07-17 04:40:05 | 日記

そもそも税理士試験の特色に関しては、規準に沿って評価を実行する試験で行われていて、合格者の上限数を決定していないので、つまり問題内容の難易度の加減が、ありのまま合格率に関係することとなります。
一般的に毎年、約2・3万人の人が受験し、ほんの600人〜多くて900人位しか、合格に至れません。この1部分を見るだけでも、税理士試験の難易度の加減がわかるといえます。
今日び、税理士試験の合格率の割合は、2〜3%前後とされております。勉強にあてる総時間数との相互バランスを見てみますと、税理士資格取得試験がどのくらい高い難度であるか知ることが出来るのでは。
これから税理士の資格をとろうと受験勉強に取り組む方にとっては、「税理士試験については、どの位の勉強時間をかけたら合格できるのか?」といったことは、大いに気になる所だと思われます。
税理士試験で合格を勝ち取るには、効率的な勉強法で実行するのが、非常に肝要です。このサイト上では、税理士試験の試験日であったり構成参考書の良い選び方など、受験生らに手助けになるような情報等を紹介しています。

どのような事柄に対しても「法律を基本にして客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるかないかを確かめるような、超難易度の上がった試験になってきているのが、現在の税理士試験の現況といえるのでは。
法令の知識を大学で勉強していなくても、またド素人であったとしましても税理士にはなれるものですけれども、けれどもそれだけ全て独学で行うならば、かなりの勉強時間・量とも絶対に必要です。小生も独学で行って合格を可能にしたから、心の底から感じております。
現に法科大学院の卒業者であろうと関係なく、不合格結果がもたらされることも見られるほどなので、ツボを押さえた最善の勉強法を熟考しトライしなければ、税理士試験に合格するのは手ごわいでしょう。
要領の悪い勉強法を取り入れて、自ら遠回りをしてしまうといったことほど、無駄なことはないでしょう。絶対にベストな手立てで短期集中で合格を勝ち取り、夢の税理士の道を切り開きましょう。
少し前までは合格率の数字が10%強に落ち着いていた税理士試験でございましたが、最近は、10パーセント以下となって定着しています。合格率が一桁ならば、難易度トップクラスの難関国家資格として、挙げられます。

実際難易度がめちゃくちゃ高い試験でありながら、1つの科目ごとに別にして受験OKなことにより、そんなわけで税理士試験におきましては、1年に1度5万名以上が受験を行う、人気の試験なのでございます。
税理士試験を受けるにあたっては、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、経歴は問われません。その為、それまで、法律につきましての勉強を1回もしたことがないような方でも、立派な大学卒の経歴が無くとも、どんな方でも税理士の国家資格は得られます。
基本的に税理士試験につきましては、そう簡単ではないと言われている、法律系国家資格の1つ。ここにおいては、狙う税理士試験に晴れて合格するための効率的な勉強法などを、私自身の合格ゲットの経験を基本としてアップします。
法律系の資格の中におきましても、専門知識が要求される仕事を担う、税理士と税理士ですけど、実際の難易度としましては税理士の方がハードルが高く、さらにお仕事内容についても、結構違っております。
通信講座を受ける際は、税理士にしましても税理士であろうと、どちらともご自宅宛で教本などを送付して頂くことが可能なため、自分自身のスケジュール管理によって、勉強を実行するということができるんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|元より税理士試験に... | トップ | 税理士|基本的に税理士の職... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL