13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|関門であるといわれております税法教科の「理論暗記」を主に…。

2017-07-14 14:50:02 | 日記

一般的に法律系の国家資格であり、高い専門性を持つ役割をする、税理士及び税理士でありますけど、難易度を見比べると税理士の方がハードルが高く、なおかつ活動内容にも、様々に違うのです。
実際に5種類の科目に合格するまで、長い年数がかかってしまう税理士資格取得試験では、継続して学習する時間をさくことが可能な安定した環境が、決め手で、現実通信教育での講座は、殊更それが関係してきます。
著しく高難易度の法律系試験であるのに、それぞれ1回1回別に受験可能なことなどから、そのせいもあり税理士試験に関しましては、従来より毎年5万人超を超える受験者が受験にチャレンジする、受かりづらい試験なのです。
国家試験の制度の修正に伴って、今までの運や不運に左右される博打的な内容が一切なくなり、事実上真の実力が備わっているのかがジャッジされる実力本位の試験へと、税理士試験はリニューアルしたんです。
大学で法律を専攻していなくても、またド素人であったとしましても税理士を目指せますが、とは言ってもやっぱりオール独学は、物凄い勉強量をこなすといったことも相当要します。当方も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、思い知っています。

現実的に税理士は、学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格可能な資格の一つといわれています。なかんずく現在、働いている方々が頑張って挑戦する資格としては期待大でありますが、一方で難易度もかなり高めです。
長い時間を要する税理士試験の学習は、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションの保持が困難だったりなどのマイナス面も結構あったわけですけど、総合的に見たら通信講座をし続けて、資格をとることが出来たように思えます。
はじめから会計事務所とか税理士事務所に勤務して、現場において実地経験を積んでいきながら、じっくり学習を行うといった人の場合は、通信講座のスタイルを選ぶ方が最善と思われます。
実際税理士試験の合格率の数字は、概ね1割と、狭き門と言われているにしては、合格率が高いものとなっています。ただし、一回目の試験で合格を叶えられるのは、可能性がほぼゼロであると言っても過言ではありません。
こちらのウェブサイトにおきましては、税理士向けの通信教育を、満足のいくように選び抜けるように、ニュートラルな立場にて判断が行える有益な材料を日々更新していきます。そしてそれを参考にして、この先は己自身で選んでいってください。

法律で平成18年より、法律系資格の税理士試験は、色々手直しがされました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、大きく重視されるようになりまして、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式(論文)での問題のような今までには見られなかった新傾向問題も出されるようになっております。
現実的に大部分の人は、しばしば見聞きする会社だから間違いないなどの、安易でハッキリしない事由で、考え無しに通信教育を選ぶもの。しかしながら、それでは税理士の試験に、合格できるわけがありません。
すべて独学でやっていて、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強スタイルなどに対して、心配が生じる等々の際は、税理士試験向けの通信講座を申し込むのも、ひとつの手段なのであります。
実際日商簿記1・2級を完全に独学にて、合格できた実力の持ち主であったら、税理士試験での試験科目の簿記論・財務諸表論の2種教科だけは、双方独学スタイルで合格を実現しようとするのも、困難なわけではないのかも。
関門であるといわれております税法教科の「理論暗記」を主に、税理士試験の効率のいい勉強法、さらに頭脳を鍛える方法、速聴・速読法ということ等についても余すことなく突きつめています!他暗記法の秘訣ですとか、勉強をする中で、有益な多様なツールを当サイトで発信していきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|ほぼ独学で貫きたい... | トップ | 税理士|完全に独学にて学習... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL