13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|近ごろは税理士試験向けの…。

2017-06-10 19:10:10 | 日記

平成18年の法令変更により、法律系資格の税理士試験は、多数修正がされました。それまでと違い法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式問題(小論文)のような新タイプの問題といったものも見られるようになっています。
やっぱり税理士試験に挑戦する場合には、全力で臨むようにしないと良い結果が生まれない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。つまるところ費やすことができる貴重な時間を能率的に費やしながら学習に取り組んだ人が合格を手にすることができる実力本位の試験です。
昨今の税理士につきましては、試験の合格率が大体6%とした結果が示されており、事務職系の資格の中においては、狭き門の資格として扱われています。だけど、全問題中6割正解したら、合格すること間違いありません。
現場において「法律的に物事を捉えられる人間」なのかどうかをチェックするような、相当高難易度の法律系国家試験としていわれているのが、ここ数年の税理士試験の実態というように思います。
今の税理士につきましては、スゴク難易度の高い問題が出され、どこの通信教育を選択するかで、合格への道が決まるものです。だけど、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、どこを選択するとベターか、迷う方もおられるかと思われます。

近年合格率が7%位と、税理士試験は難易度レベルが高めの試験の一つです。とはいえ、不必要に恐れなくても良いです。努力を積み重ねれば、誰であろうと確実に合格実現は目指せます!
一言で言うと「足切り点」(足切り最低点)という気になる制度が、税理士試験にはございます。すなわち、「規準点に達していないとしたときは、不合格になる」とした点数が用意されているのです。
一頃においては合格率約10%以上をキープしていた税理士試験も、今となっては、10パーセント以下でとどまっております。合格率が一桁台である場合、難易度が高度な国家資格の1業種として、挙げてもいいでしょうね。
大抵、税理士試験に一から独学で合格を狙うのは、とても難しいということを知っておきましょう。それは合格率が絶対に10%に至らないデータによっても、容易く想像できるはずであります。
近ごろは税理士試験向けの、インターネットサイトや、現役で働いている税理士が、受験生に宛てて定期的にメルマガなどを出していて、情報力やまた勉強への意欲を上げるためにも使用することができます。

合格にいたらず不合格だったときの、学習量・時間のリスクを思案しますと、税理士の受験は専門予備校の通信講座、でなければ学校に行って授業を受講する通学講座を選ぶのが、間違いないものと言えるでしょう。
ハードルが高い資格取得試験とされている税理士試験に関しては、ちょっとやそっとの努力なんかでは合格を実現できません。なおかつ一切独学で合格を実現するといったことは、超頑張らないといけません。そんな中少しでもお手伝いできる情報ページとして使ってもらえたならありがたいです。
一般的に税理士試験は、各科目で120分しか受験する時間がありません。受験者はその中で、より高い合格点を取得しないといけないので、当たり前ながらスピード&正確さは必須事項です。
原則的に独学で勉強して、合格を目指すのは、実現可能です。しかし、毎年税理士試験は10人チャレンジしても、1名も受からないこともあるめちゃくちゃ厳しい試験でございます。いざ突破するには、早期に正しい勉強の仕方・コツを確立する必要があります。
基本的に税理士の職種は、全部独学だとしても合格を手に入れられる資格の一つとしてあげられています。現時点で、社会人の方が積極的に挑む資格としては希望が持てますが、一方で難易度もかなり高めです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|かいつまんで言えば... | トップ | 税理士|従来より…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL