13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|ほぼ独学で貫きたいのは理解できるけど…。

2017-07-14 09:40:05 | 日記

最近の税理士については、超難易度高の試験内容になっており、通信教育のセレクト方法で、合格・不合格が決まってきます。だけど、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、一体どの会社に決めるといいものか、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。
簡単に言うと実際「足切り点」(足切り最低点)という注意すべき制度が、税理士試験にはございます。わかりやすく言い換えますと、「必要な点数に届いていないと、不合格の判定になります」といった点数というものがはじめに設定されているのです。
オールラウンドで活かせるテキスト書においてもとりあげられていない、教養を要する試験問題等は、スッパリ諦めるべきです。潔いのも、難易度が超高いとされる税理士試験に対しては、重要とされます。
実際に通信教育講座ですと、税理士試験1本に焦点を合わせた方策を不足なくピックアップした、受験向けの教材が用意されているので、独学で進めるよりも学び方が掴みやすくって、学習がしやすいと存じます。
通常多くの人たちは、名高い通信教育の会社だからとかの、根拠ゼロのいい加減なきっかけで、通信教育を決定してしまいます。けれども、そうしたことでいざ税理士試験に、合格出来るはずはないでしょう。

現実的にいくつかの国家資格のなかでも、高い難易度を誇っている税理士の職種でありますけれど、他よりも合格へ行き着くまでの道が厳しければ厳しいほど、資格を取得した後には高い需要があることや報酬のアップ、また社会的地位を築ける可能性もありえるのです。
勘違いの勉強法で臨んで、茨の道に入ってしまうことほど、もったいないことはないでしょう。絶対に効率がいいとされるスタイルで短期間にて合格実現を果たし、憧れの税理士になりましょう。
法科大学院(専門職大学院)の修了者であれど、不合格判定になることがあったりするので、つぼを押さえた合理的な勉強法を考慮し挑まなければ、税理士試験に合格するのは厳しいでしょう。
全部の教科の平均での合格率は、10〜12%程度となっていて、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が高いように感じがちですけれど、これについては各々の試験科目の合格率であって、税理士試験トータルでの合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
個別論点問題をしはじめたら、関連の練習問題に出来る限りトライし、しっかり問題を解き慣れるようにしておくとした勉強法を行うのも、税理士試験の簿記論の科目対策には非常に有効的です。

今時は、直に専門学校で教育を受けている受験生の方たちと、特段差異が無い受験勉強が可能です。このことを現実のものにするのが、現在税理士を対象にしている通信講座の王道の教材といわれているDVDによるものです。
国家資格を取得して、この先「自分のみのチカラでチャレンジしたい」とした積極的な願いを持つ人であるなら、実際税理士の難易度が相当高くても、その大きな壁も必ずクリアできるかと思います。
そもそも税理士試験の特有性に関しましては、点数主義の試験が執り行なわれており、合格者の上限人数を前もって設定していないので、要するに試験全体の難易度の度合いが、文字通り合格率につながります。
ほぼ独学で貫きたいのは理解できるけど、日程調整かつ勉強の方法についてなどに、不安な点があるというような際であれば、税理士試験に対応する通信講座を申し込むのも、いわゆる一つのやり方だといえるのではないでしょうか。
現に、税理士の試験を受ける場合は、予備校に通学せずに独学で合格を実現しようとする方たちがかなり少ないということもありまして、実情別の法律系資格と比べますと、使えそうな市販教材なんかも十分に、取り揃っておりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|簡単に言うなら「足... | トップ | 税理士|関門であるといわれ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL