13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|勤務しながら…。

2017-07-27 08:10:01 | 日記

基本的に科目合格制システムとなっておりますので、税理士試験は、多忙な社会人受験者も受験しやすいのだけれども、ところが受験生活の期間が長きにわたることが傾向として起こりがちです。ですから、先輩たちの優れた勉強法をお手本にすることをお勧めします。
大半の資格専門学校は、税理士資格向けの通信教育が開かれています。その内には、どこにでも持ち運べるUSBメモリなどを用いて、今の時代において最新の通信教育を行っている、資格取得学校も増えつつあります。
低プライスや勉強範囲をチョイスして、総勉強量&時間を削減した学習システム、クオリティの高い教材セット等が好評の高合格率を誇るフォーサイト。最近税理士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、と言えるくらい、高い人気を誇っています。
非効率的な勉強法を実践して、労力掛けて寄り道するといったことほど、無駄なことはないでしょう。とにかく効率的な方策によって短期の間で合格をゲットし、税理士の地位に就きましょう。
勤務しながら、税理士を狙う人も中にはいるようなので、自らの行えます事柄を日々コツコツ積み重ねやっていくということが、税理士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。

結論から述べますと、専門学校に通わなくとも独学で行っても、ちゃんと、税理士のすべき役目について身に付けることができるのなら、資格を得ることは出来ます。とは言っても、そうしようとするためには寝る間も惜しんで、長時間を費やすことが要されます。
たった一人で独学により学ぶという、強い思いはないわけですが、自分のリズムで集中して学びたいと思っている人のケースですと、あえて言うなら税理士専門の通信講座をチョイスした方が、最適な勉強法といえます。
試験まで学習時間が連日存分に持てる人は、標準的な勉強法をやり続けることにより、税理士試験の合格を目指せますが、年がら年中仕事・家事など忙しい方には、現実的なアプローチとは断言できません。
税理士試験の受験勉強をする上では、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションアップが辛かったりというデメリットな面も結構あったわけですけど、全般的に通信講座(通信教育)を申し込んで、合格を勝ち取れたという結論が出ています。
事実授業料30数万円〜、または50数万円も負担しなければいけない、税理士受験用の通信講座も珍しいことではございません。ちなみに受講する期間も、1年を上回る長い期間の計画で設定されていることが、一般的です。

普通税理士試験というのは、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった制限は設けられておりませんから、どんな方でも資格を得ることを目指せます。ちなみに法律の専門的な知識を何にも持っていないという方であっても、イチからしっかり受験の対策を行えば、合格をゲットすることができるでしょう。
平成18年度(2006年度)以後、税理士試験の問題内容は、大幅に訂正されました。それまでよりも法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢択一タイプの問題とか、40字記述式の問題というような新たな傾向の問題も多く出題されております。
状況が許せばリスク回避、リスクを冒さないで無難に、大事をとり慎重にといった考えで、税理士試験を受験する際、税理士資格取得対象の予備校などに通うようにした方が安全策ではありますけれど、独学での受験を選択肢の中に入れたとしても不都合はございません。
実際に大勢の人たちは、ネームバリューがある会社であるからとか、安易で不得要領な理由で、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。だけれども、そういったことでは難易度が高い税理士に、合格することは難しいでしょう。
科目合格制となっている、税理士試験につきましては、ひとたびで、5教科を受験するといったことはしなくてよくって、それぞれの科目ごとで受験してもよい仕組みです。1度合格できた科目は、税理士になれるまで合格として認められます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|実際合格者の合格率... | トップ | 税理士|一般的に税理士の仕... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL