13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|日本で実施されている国家資格の中でもトップレベルの難易度が高い税理士試験の中身は…。

2017-07-29 13:50:02 | 日記

昨今は、直に専門学校で教育を受けている受験生の方たちと、あんまり差が無い勉強ができるようになっています。このことを現実のものにするのが、今や税理士向けの通信講座の主流の学習材といわれるDVD教材です。
他の会社と比べて負担額が少なく、出題される範囲をピックアップし、費やす学習量を削った講座計画、質の高い教科書などが受けているフォーサイトの通信講座サービス。税理士通信講座ならまずコレ!と断定できるほど、受験生の間で人気となっています。
一般的に税理士試験は、年齢はじめ性別・学歴等の限定はされていませんから、どんな人であろうと資格取得を狙うことが出来るようになっております。ちなみに法律の専門的な知識を何にも持っていないという方であっても、質の高い受験対策を行うことにより、合格することも不可能ではないですよ。
日商簿記検定で1級または2級を独学スタイルで、合格をゲットされた受験生ならば、税理士試験の必須教科の簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に限りましては、双方独学スタイルで合格を可能にするのも、ありえないわけではないと思います。
ちょっと前までは合格率の割合が10%台が通常になっていた税理士試験であったけれど、現在、1割に届かない数値となって定着しています。合格率が一桁ならば、難易度が高めの国家資格であるとして、考えてもいいでしょう。

実際に合格者の合格率が毎年7%位と聞くと、税理士の試験の程度はとても難易度が高そうに思えますが、評価基準に基づき少なくとも60%以上の問題が合ったならば、合格をゲットすることは確かとなるといえます。
税理士の試験で合格するためには、効率的な勉強法で取り組むことが、特に重要です。このインターネットサイトでは、税理士試験の予定表をはじめとした高精度のテキストの選び方など、受験生にとって便利な情報・最新ニュースを掲載しております。
日本で実施されている国家資格の中でもトップレベルの難易度が高い税理士試験の中身は、11分野の科目の法律から広く問題が出ますので、合格をゲットするためには、長きにわたる学習時間が不可欠になります。
基本税理士試験におきましては、そう簡単ではないと言われている、国家資格のうちの1種です。このHPでは、対象の税理士試験に一発で合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、私の合格実現までの実体験をもとにして書き記します。
各年、税理士試験の事実上の合格率の数字は、たった2〜3%です。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間との互いの釣り合いを考慮しますと、税理士試験がどの程度狭き門か頭に思い描けるはず。

仕事をしながら、税理士の資格を得ようとしているという人もいるのではないかと思いますため、本人の取り組めることを一日一日ちょっとずつ取り組み続けるというのが、税理士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
100パーセント独学でこなしてはいても、科目勉強の時間配分や勉強のやり方等に、懸念するといったような場合は、税理士試験専門の通信講座に頼るのも、1つの進め方といえるでしょう。
実際に試験の演習問題で詳しく知りしっかり基礎を固めた後、実践的&総括的な問題へと変えていく、確立された勉強法でやるのが、税理士試験のうちの試験科目の簿記論にとっては、効果が期待できるみたいです。
どんなタイプのテキストで学習に励むかということ以上に、どんなタイプの効率的な勉強法で進めるのかの方が、殊に税理士試験でパスするためには重要なのです。
実際に合格率のパーセンテージは、税理士国家試験の難易度状況を示す判定基準の一つなわけですけれど、この頃は、この率が明らかにダウンしており、大勢の受験生達から注目を集めております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|ずっと昔から…。 | トップ | 税理士|法令系の国家資格で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL