13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|例年全受験科目の標準の合格率については…。

2017-07-11 08:10:02 | 日記

常に何でも「法律を基軸とした思考でモノを考えられる者」であるかそうではないのかということを判別するような、超難易度が厳しい受験にチェンジしてきたのが、今日の税理士試験の実相と感じております。
当インターネットサイトは、現役にて活躍をしている百戦錬磨の税理士が、税理士試験のおススメ勉強法を助言し、あらゆる税理士を取り扱う通信講座の一般受けの様子、リアルな意見などの調査を行い、説明している専門サイトであります。
通信講座(通信教育)については、学習教材の出来が大きな影響を及ぼします。近ごろではDVDはじめPCで見るオンライン配信のような動画授業も多様にあるわけですが、税理士の学校により、教育内容は差異があります。
根本的に税理士試験の特徴点としまして、規準に沿って評価を実行する試験とされているもので、合格判定の合計人数をのっけから定めていないので、要するに試験全体の難易度の度合いが、直接合格率になって表れます。
仕事に従事しつつも、税理士になることを目標としている人も数多くおられるとお見受けしますので、自らのやるべきこと・やれることを日々欠かさず取り組むのが、税理士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。

エキスパート講師陣からいつでもアドバイスを受けることができる学校へ通うメリット部分に関しては、意欲をかきたてられますが、ずっと積極的な姿勢さえ保つことが出来れば、税理士資格取得通信教育で学習を行うことにより、確実にレベルアップが実現可能です。
簡潔に言うと税理士試験とは、税理士を生業にするために必ず要る深い知識、及びそれを応用する能力が備わっているかどうであるのかを、見極めることを目当てに、公的に開催されている難易度の高い国家試験です。
法律の消費税法につきましては、税理士試験の教科の中では、あまり難易度は厳しくなく、簿記についての基本的な知識をキチンと把握していれば、他と比べてイージーに、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能でしょう。
ほとんど独学でこなしてはいても、学習の時間管理や受験勉強の方法などに、懸念するといった時なんかは、税理士試験に狙いを定めた通信講座を利用して勉強を行うといったことも、ひとつの良い方法といえるでしょう。
本当に税理士試験を受験するにあたっては、全力で臨むようにしないと合格することが出来ない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。結局のところ勉強にあてることができる時間をなるべく合理的に使用して受験勉強を行った人が、合格を手にすることができる実力本位の試験です。

例年全受験科目の標準の合格率については、10%から12%前後で、これ以外の難関資格と比べて、合格率が高いように思えるでしょうが、それに関しましては科目別の合格率の値であり、税理士試験オールでの合格率では、決してないのです。
結論から述べると、現実的に独学しようとも、ちゃんと、税理士のお仕事に関しまして自分のものにできるんであったら、資格を取得することは難しいことではありません。ただし、それについては物凄い、何ヶ月も取り組むといったことが必要です。
税理士試験の受験勉強をする上では、集中力が持たなかったり、同じ精神状態を保つことが辛かったりという不利な点も見られたわけでありますが、全般的に通信講座をやって、良い結果につながったといったように考えております。
会社に勤務しながら並行して勉強を行い、ついに3回目のトライで税理士試験に合格をした、己の実経験を振り返ってみても、近年の難易度に関しては、めちゃくちゃ高難度になってきているように感じています。
国家資格の内でもトップレベルの高い難易度を誇る税理士試験の詳細は、憲法・民法などの11教科の法律から色々な問題が出ますので、合格を狙うには、長期スパンの勉強時間の確保が欠かせません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|会社勤めをしながら... | トップ | 税理士|学習する時間が日常... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL