13年の経験を持つ税理士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

下積み5年独立8年計13年の経験を持つ税理士が教える独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

税理士|たった一人で独学にて税理士試験にて合格を得ようとする際には…。

2017-07-18 10:00:02 | 日記

税理士試験については、高難度の国家資格取得の試験とされておりますので、最初から税理士のための専門学校に入った方が、いいかもしれません。ともあれ、全て独学でやっても各個人によって、非常にスムーズに行くなどのケースもあるわけです。
税理士試験に関しましては、年齢はじめ性別に関する受験条件が無いため、これまでの学歴は一切関係ないものであります。したがって、今までに、法律につきましての勉強を一度もやったことが無いようでも、立派な大学を卒業していないという方でも、そんなことは関係なく税理士資格取得はできます。
税理士試験を受験するときは、実質的には筆記による試験だけしか用意されていないと、認識して構いません。その理由は、口述形式の試験は、余程の事が起きない限り決して落ちることのない形式的な試験だからです。
毎年国家試験における税理士試験の合格率につきましては、大よそ10%あたりと、高難易度とされております割には、他と比較して高合格率となっています。けれども、一度目で合格を勝ち取るのは、可能性がほぼゼロであると聞いています。
原則的に税理士試験は、簡単な試験ではありません。合格率で言えば、10%ちょっとです。とは言え、一度に限った試験ではなくって、5年間くらいかけて合格を志すつもりであるなら、言うほど難度が高いものではないと思われます。

税理士の簿記論に関しては、理解するべき内容は多いですが、ほとんど計算問題が主要にて出されるため、税理士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で立ち向かっても、勉強がとりかかりやすい部類の科目に当たるのです。
予備校の税理士の講座を受講したいけれど、近場に学校が存在していない、会社が忙しい、学校に通う時間を割くことが難しいといった受験生のために、各スクール毎で、自分のペースで取り組める通信講座のサービスを取り扱っています。
毎年毎年、2、3万人辺りの受験生が試験を受けて、その中の600人〜最高900人前後位しか、合格できないのです。その一面を見るだけでも、税理士試験の難易度がめちゃくちゃ高いというのがわかるでしょう。
毎年税理士資格の合格率は、概ね1.75%と公表されています。現在、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院の教育機関が開講されて、そちらの教育課程をクリアしたら、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が授与されます。
たった一人で独学にて税理士試験にて合格を得ようとする際には、己でコレという正しい勉強法のスタイルを生み出さなければいけません。その場合に、一等最良な取り組み方法は、先陣の合格者がやった勉強法をそのまま真似ることでございます。

税理士の試験に合格して、この先「自分自身の力で挑みたい」とした強固な願いを持つ人であるなら、実際税理士の難易度が物凄く高いようでも、そのハードルも必ず打ち破ることが可能かと思います。
法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業した経験者でも、不合格の判定がでることがありえるほどなので、効率的な最善の勉強法を考えた上で全身全霊で頑張るようにしないと、税理士資格試験に合格するのは超困難であります。
ずっと昔から、法律知識無しのステージから取り掛かり、税理士試験合格に絶対必要な試験勉強時間は、「3000時間ほど」とされております。調べてみても、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、約3000時間くらいとなります。
根本的に税理士試験の特有性に関しましては、定められた基準を軸に評価する試験とされているもので、合格者の上限人数を先立って設けていないため、要するに試験全体の難易度の度合いが、明らかに合格率になって表れます。
個別論点の内容に取り掛かり始めだしましたら、関連の練習問題に可能なだけ挑み、問題ないようにも慣れておくといったスタイルの勉強法を実践するのも、税理士試験においての簿記論対策につきましてはスゴク効果が高くなります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|どんなタイプの予想... | トップ | 税理士|税理士試験で合格を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL