13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|資格に強いと評判のユーキャンの司法書士の通信講座は…。

2017-07-15 19:40:07 | 日記

資格に強いと評判のユーキャンの司法書士の通信講座は、各年約2万人前後が学んでいて、ちょっとも予備知識がない受験生だったとしても、地道に国家資格を得るための学習方法・テクニックを基本的な事柄から身につけられる、頼れる通信講座なのであります。
法律学部を卒業していなくとも、並びに実務の経験ゼロであっても司法書士の資格はとれますがだからこそオール独学は、相当な学習量も絶対に必要です。小生も独学を貫いて試験に合格をしたんで、心底思います。
近々司法書士の勉強を始める受験生にあたっては、「司法書士試験に対しては、いくらくらいの勉強時間をかけたら合格が実現出来るんだろうか?」といった情報は、気に掛かる部分ではないでしょうか。
各年、司法書士試験の事実上の合格率の数字は、一桁台で2〜3%くらいです。要必須とされる学習にあてる時間との相互バランスに着目しますと、司法書士の試験がどれほど狭き門か頭に思い描けるはず。
実際数多くの受験生は、よく知られた会社であるため安心といった、根も葉もない具体性に欠ける理屈で、安易に通信教育を選んでしまいます。しかし、そのようなことで高難易度の司法書士に、合格するはずはないです。

実際のところDVDでの映像教材とか、本を見ての勉強に対して、ちょっぴり不安感があるのですが、過去に通信講座オンリーで、司法書士の国家資格を取った受験者もいるわけだし、オール独学よりかは、安心できるのではないかなと思っています。
司法書士と並ぶ法律系の国家資格とされ、専門性が高い業務を遂行する、司法書士かつ司法書士なんですけれど、難易度を比べますと司法書士の方が難しいとされており、なおかつ業務の詳細につきましても、随分相違点が存在しています。
司法試験と変わらない勉強法で進めると、0からはじめる司法書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強量+時間が多くなりがちです。その上有益な結果には至らず、対費用効果が低くなります。
難易度の高い資格試験と知られております司法書士試験に対しては、全力で取り組まないと100パーセント合格は叶いません。さらにまた独学にて合格を目指そうとするなら、物凄くガンバル必要がございます。僅か程度であっても役立つような情報サイトとして使ってもらえたならありがたいです。
実際に司法書士試験におきましては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、職歴・学歴は条件が定められていません。したがって、今までに、法律関係の勉強を1回もしたことがないような方でも、優れた学校を卒業した学歴を持っていなくても、司法書士の資格をとることはできます。

予備校の司法書士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近所に予備校がどこにもない、会社が忙しい、家の用事などで学校に行く時間がない等の人向けに、それぞれのスクールでは、手軽な通信講座を展開しています。
一般的に司法書士の合格率の数値は、低く1〜2%前後といった結果があります。近ごろでは、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』とした新規の教育施設が設立されて、その教科過程を修了することで、新司法試験を受験する際に必要な資格が得られるようになっています。
わかりやすく言いますと司法書士試験は、司法書士の地位で仕事にするために求められる学問の理解と、それを応用することができる能力があるかどうかを、判断することを目当てに、実施する高いレベルを求められる国家試験です。
原則的に司法書士試験は、やさしい試験とはいえません。合格率の平均は、10%ちょっとです。されど、一回のみの試験ではあらずに、長期間かけて合格を狙うのであれば、それ程実現できないことではないです。
一般的に全ての必須科目の合格率のアベレージは、概ね1割とされ、別の難関資格以上に、合格率が高いように感じがちですけれど、これに関しては教科毎の合格率であるわけで、司法書士試験丸ごとの合格率ではないので、頭に置いておくように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|プラスとなる面ば... | トップ | 司法書士|現実授業を受けら... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL