13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|言うまでもなく独学で臨んで…。

2017-07-17 03:40:06 | 日記

大概のことは全て集約したテキストでさえも記載されていない、より深い知識が要求される問題に関しては、キッパリ諦めるようにしよう。いさぎよく切り捨てるのも、難易度高の司法書士試験にて合格を勝ち取るためには、大切な事柄であるんです。
いわゆる難関という風によく言われる司法書士試験の難易度の状況は、大層厳しく、合格率のパーセンテージも3%以下と、日本国内の国家資格の中でも、トップクラスの桁違いの難関試験であります。
実際に会計事務所であったり司法書士事務所に勤め、いろんな経験を積みスキルを磨きながら、ちょっとずつ勉強していくという考えを持つ受験生は、どちらかといって通信講座(通信教育)がおススメと判断します。
ちょっと前までは司法書士試験の内容は、結構取得することが可能な資格と周知されていましたが、近ごろは物凄くハードルが高くなっていて、どんなに頑張っても合格をゲットすることができないという資格とされています。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、超難易度が厳しいとされる司法書士であるわけですが、けれども合格できるまでの経路がハードであるほど、いざ資格取得後は人材の受け入れ先の多さや年収増、かつまた社会的身分の高い立ち居地を築けるということも考えられます。

一般的に司法書士のピンチヒッターにもなれる街の法律の相談請負人として、活躍の期待が寄せられている司法書士の立ち居地は、社会階級の高いといわれております資格です。ですから、その分試験の難易度の程度についても超高いものとなっています。
事実授業料30数万円〜、もしくは50数万円も負担しなければいけない、司法書士を対象としている通信講座もままございます。高額の講座は期間も、1年以上続く長期にわたる教育コースになっていることが、一般的です。
資格取得が難しい試験といわれる司法書士試験に立ち向かうには、ちょっとやそっとの努力なんかでは合格を実現できません。そして全て独学で試験に合格する場合は、超頑張らないといけません。そんな中少しでも役立つような情報サイトとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
平成18年(2006年)度から、司法書士試験システムに関しては、かなり手直しがされました。それまでと違い法令科目が、多数出題されるようになり、マークシート方式の試験問題だとか、記述タイプの問題のような今までなかった流れの問題も登場しています。
暮らしに役立つ法律家として、社会に貢献できる司法書士の試験を受ける際に、資格に関しては必要とされておりません。原則的に誰でありましてもトライ可能でありますから、通信教育の資格講座でも、男女関係無く幅広い層から支持されている法律系資格となっています。

非常に専門的な法令の中身で、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、そもそも司法書士試験では、いわゆる科目合格制度を設けておりますから、それぞれの科目ごとに5年間かけてその都度合格をしても、アリの試験とされています。
オール独学での司法書士試験に向けての勉強法をセレクトするケースで、1番問題としてあがるのは、勉強中に理解できない箇所が生まれてきた場合があっても、一人で解決しなければならないことです。
現実的に高い難易度を誇る試験に関係無しに、それぞれその都度受験するということが可能とされているため、それ故司法書士試験は、毎年毎年最低5万名以上もの方が受験を申込する、狭き門の試験なのであります。
言うまでもなく独学で臨んで、合格を勝ち取るのは、やってやれないことではないです。ですけど、現況司法書士の試験は10人トライしても、合格者が0人のケースもある難関試験となっています。試験に通るためには、早期に正しい勉強の仕方・コツを習得しなければいけません。
現実、司法書士試験を独学にてパスしようとするのは、簡単なことではありませんが、勉強のやり方をアレンジするとか、必要な情報を収集することで、少ない時間で試験合格を果たすのも、可能といえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|毎回…。 | トップ | 司法書士|主流の資格取得専... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL