13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|勿論のこと独学の勉強法にて…。

2017-08-13 19:50:04 | 日記

いい点がいっぱいある、司法書士スクール通学での勉強法でありますが、十万単位のそれ相当の費用が必要ですので、受験生皆が参加できるとは言えるはずもありません。
現に学費が最低30万円を越す、時々にはプラス20万の合計50万円以上の、司法書士資格取得の通信講座もよくあります。この場合講座を受講する期間も、1〜2年の長期の教育コースになっていることが、一般的です。
長い時間を要する司法書士試験の学習は、集中する力を維持することが難しく感じたり、モチベーションを持ち続けることが難しかったりといった短所も見られたわけでありますが、結果的には通信講座を行って、合格を勝ち取れたように思われます。
ほとんどの方は、誰もが知る会社だから間違いないなどの、裏づけの無い漠然とした理由をもって、通信教育をセレクトしてしまいます。でも、そんなものじゃ難関の司法書士に、合格するはずはないです。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を勝ち取るのは、やってやれないことではないです。ですが、司法書士の試験につきましては10人受けても、1人でさえも受からないような難易度マックスの試験であります。見事突破するためには、確実な勉強スタイル・術を自分のものにすることが要求されるのです。

根本的に科目合格制なので、司法書士試験については、お仕事をしている社会人も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験に費やす時間が長期化することが一般的です。なので、先人の方々の質の高い勉強法を覗いてみることも大切です。
合格が叶わず不合格になった際の、学習量・時間のリスク面を見ると、司法書士の受験は予備校主催の通信講座、他には直接の通学講座を選ぶようにする方が、より安心ではないでしょうか。
普段からいろんな事柄に「法令を基に物事を捉えられる人間」であるかそうでないのかということをまるで問われるような、大分難易度の高めの資格試験に進化しているのが、今の司法書士試験の真実ではないでしょうか。
原則的に司法書士試験は、超難しいです。合格者の合格率は、およそ全体の10%程度です。しかしながら、一度の試験ではなしに、何年間かかけて合格を目指す計画でしたら、特段ヘビーなことではないといえます。
原則的に司法書士試験については、歳や性別・学歴などの条件は決まっていないから、どういった人であれど受験してもオッケーとなっています。そのため法律に関係する知識・情報がゼロの初心者であろうと、最適な受験対策を実施するようにすれば、合格可能でございます。

国家資格取得試験の司法書士試験の合格率のパーセンテージは、およそ10%程度と、難易度が高いと言われる割には、国家資格内でも高い合格率を出しています。けれども、1発目で合格を可能にするのは、可能性がほぼゼロであるということがわかっています。
実際司法書士の役回りをつとめる街の法律の相談請負人として、活動に期待が集まる司法書士の立場は、社会階級の高いとされる資格です。ですので、その分だけ試験の難易度の程度についてもかなり高難度となっております。
空いた時間をフル活用し、効率的に学習を行えますから、会社に行きつつや家事等と並立して司法書士の資格を取得しようと考慮している方たちには、通信講座(通信教育)の受講は、とても重宝します。
これから資格をとろうと受験学習をし始めるといった方は、「司法書士試験においては、いくらくらいの勉強時間を維持したら合格可能なのか?」というようなことが、気に掛かる部分ではないでしょうか。
毎回合格率がたった3%の難易度が高度な、司法書士試験で合格を狙うには、独学で取り組む受験勉強だけでやるのは、困難な場合が多く存在し、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験に向け勉強をやるのが世間一般的でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|これまでに簿記検... | トップ | 司法書士|実際に司法書士試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL