13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|プラスとなる面ばかりの…。

2017-07-15 14:30:02 | 日記

司法書士資格を取得して、そのうち「自分だけのチカラで挑みたい」とした強固なやる気がある方であるなら、実際司法書士の難易度がシビアでも、その大波も必ずクリアできるかと思います。
実際に全資格試験科目の合格率の平均値は、概ね1割とされ、この他の難関資格と比較して、高い合格率に捉えやすいですけど、それについては各教科の合格率の平均値であって、司法書士試験トータルでの合格率ではないのです。
大抵の専門スクールについては、司法書士対象の通信教育が開かれています。そうした中には、デジタルメディアプレーヤーなどを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を受講することが可能である、専門スクールも増えつつあります。
プラスとなる面ばかりの、司法書士資格取得の予備校に通学しての質の高い勉強法ですけど、普通十万以上の一定レベルのお金が掛かりますので、全ての人が受けることが出来るものじゃないのも事実です。
やっぱり司法書士試験の受験というのは、全力で臨むようにしないと良い成果を得ることが出来ない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。言ってしまうと制限ある時間を効率的に費やし勉強をコツコツ続けた方が、合格を得られる結果となるのです。

一般的に大多数の受験者は、知名度の高い会社だから大丈夫などという、安易で不得要領な理由で、通信教育を決めてしまいがち。ですが、それでは高難易度の司法書士に、合格は出来ないと思います。
普通司法書士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、超困難ですけれど、勉強のやり方を上手く工夫するとか、必要な情報を集めるようにすることで、少ない時間で合格しようとすることも、出来てしまうのです。
実際司法書士の役回りをつとめる地域に寄り添った法律家として、社会的に活躍が期待される司法書士の立場は、社会的に地位の高い職業資格です。その分、同時に試験の難易度のレベルに関しても超高度です。
最初からずっと独学で行っているのはすごいけど、時間の管理や且つまた試験勉強方法等に、不安な点があるようなときには、司法書士試験対策用の通信講座で勉強するというのも、1案ではないでしょうか。
平成18年度(2006年度)以後、司法書士試験の出題問題は、大分修正がされました。従前と異なる点は法令科目が、重要視され、多肢択一式の問題をはじめ、40字程度の記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も出てきました。

科目ごとの合格率の割合は、約10%強というように、全教科ともに高難易度の司法書士試験は、科目別合格制度でありますので、日中も働きながら合格を現実にすることが可能な、国家資格といえます。
実際に合格者の合格率が全体の内の7%だと言われると、司法書士の国家試験はとっても難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、絶対評価によって定められた基準の6割を超える設問がちゃんと正解することができたなら、合格実現は絶対でしょう。
いざ個別の論点に着手したら、基本関連性がある演習問題にやれるだけ臨むようにして、数をこなして問題慣れしておくといった勉強法を組み入れるのも、司法書士試験における簿記論受験対策には大変有効となります。
今から資格をとろうと受験学習に取り組むという方なんかは、「司法書士試験に関しては、どの程度の学習時間をキープしたら合格が叶うの?」というのは、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
昔は合格率1割以上が普通だった司法書士試験でありましたけど、なんと今や、低下し1割満たない値にて停滞しております。合格率が一桁でありますと、難易度上位の国家資格の内のひとつとして、考えてもいいでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|今から8年前の平成... | トップ | 司法書士|資格に強いと評判... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL