13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|日本国内の司法書士試験の合格率につきましては…。

2017-07-13 14:30:02 | 日記

通信教育(通信講座)だと、司法書士試験に向けての対応策を不足なくピックアップした、特化した特別教材がございますから、独学で取り組むよりも学び方が把握しやすく、勉強が行いやすいのではないでしょうか。
いずれのテキストで学ぶのかということよりも、どういう勉強法を選んで学んでいくのかの方が、一層司法書士試験での合格には重要なポイントです
以前から、法律の知識無しの状況から取り組み始めて、司法書士試験合格にマストな勉強への取り組み時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実的に見ても、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間超とされています。
いざ司法書士試験をたった一人で独学にて進めるのは、本当に壁が高いものですけれども、独学で挑戦しようと思っている受験生は、さしあたって会計学の勉強より挑むようにしましょう。
従前は合格率10%以上の台が一般的だった司法書士試験でありましたが、ここ数年は、1割以下の率におさまっています。合格率が一桁ならば、高い難易度とされる難関国家資格として、考えてもいいでしょう。

司法書士資格を取得して、そのうち「独力で挑戦したい」とした強固な志がある受験者でありましたら、どんだけ司法書士の難易度の加減が厳しくとも、その障害物も確かに踏み越えることが可能だと思われます。
仕事をしながら、司法書士を目指すといったような人々もいらっしゃるかと存じますので、ご自分のできる事柄を日毎コツコツと積み上げ取り組み続けるというのが、司法書士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
実際に合格率3%程度の門戸の狭い、司法書士試験において合格を獲得するには、独学で取り組む試験勉強だけでは、一筋縄ではいかないことがよくあり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して試験勉強するのが大半でしょう。
今日びの司法書士試験に関しましては、基本筆記試験しかこなさなくてよいと、考えていいです。と言いますのは、面談での口述試験については、余程マズイことをしない限り落ちるようなことがない簡単な試験だからです。
どんな問題にも「法律をモノサシに考える頭を持った方」であるかそうでないのかということを判断するような、大分高い難易度の試験になりつつあるのが、昨今の司法書士試験の事実というように思います。

通信講座の場合は、司法書士であっても司法書士の資格でしても、どっちもご自宅宛で教材関係全部を送付して貰えますから、個人個人の都合の良い段取りで、勉強を実行するということが可能でございます。
日本でもトップクラスにランクインする難易度として名高い司法書士試験の内容は、全11分野の法律の中から広く難題が出されるため、合格を目指すには、長期的な勉強時間が必要でございます。
事実法科大学院の修了者であろうと、不合格になるといったことがあるわけですので、本質を突いた質の高い勉強法を色々考えてトライしなければ、司法書士試験に合格するのは厳しいでしょう。
一般的にオール独学で、合格を目指すのは、決して不可能じゃないでしょう。ですが、司法書士の試験につきましては10人受けても、1人でさえも受からないような高い壁の法律系国家試験です。資格を取得するためには、適格な学習スタイルを手に入れることが必要です。
日本国内の司法書士試験の合格率につきましては、10%位と、超難関と知られている割には、他と比較して高合格率となっています。だけども、一度目で合格を勝ち取るのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと言っても過言ではありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|法律系の国家資格... | トップ | 司法書士|はじめから会計事... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL