13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|各年…。

2017-06-18 18:40:05 | 日記

今日の司法書士に関しては、とても難易度のレベルが高めで、いずれの通信教育を選ぶかによって、合否判定が決まってしまいます。されど、種々の会社が見られ、どの会社を選ぶとベターか、迷う方もおられるかと思われます。
一般的に司法書士の資格取得は、リアルに合格率が6%位としたデータがでており、事務系の公的資格としましては、難易度高の資格だと感じられるでしょう。ですが、出された全問題の内の約6割正解すると、間違いなく合格するのです。
学校で法律を学んでいなくっても、かつ今まで未経験者だとしても司法書士の職に就くことはできますけれど、その分だけ全部独学というケースは、かなりの勉強時間・量とも相当要します。己自身も一から独学にて合格を得たので、身にしみています。
状況が許せばリスク回避、堅実に、用心するに越したことはないといった考えで、司法書士試験に挑戦する折に、専門予備校に頼った方がおススメではありますが、独学での受験を選択肢の一つに入れても構わないと思います。
前から、法律の知識ゼロより取り組んで、司法書士試験合格に要される試験勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。実際のところ、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、平均して3000時間強のようです。

今時は、通学して受講している方たちと、あまり違いが見受けられない勉強が可能になっております。その点をその通りに実現するのが、今となっては司法書士通信講座のオーソドックスな教材となっております映像教材のDVDです。
このWEBサイト上では、司法書士対象の通信教育を、失敗しないように選ぶことができるように、公平に判断することが出来る様々な材料を日々更新していきます。そして以降は、あなたが自分の目で取捨選択してください。
司法書士試験を受験する場合には、実際は筆記試験(記述式問題)だけしかこなさなくてよいと、捉えていいでしょう。なぜならば、もう一つの口述試験は、余程の出来事が無い限りは落ちるなんてことの無い容易な試験だからでございます。
つまり専門スクールに行かないでも全部独学であっても、正しく、司法書士のすべき役目について身に付けることができるのなら、資格を取得することは難しいことではありません。と言っても、それにはよほどの、長いスパンを費やすことが要されます。
実際に多くの資格取得学校につきましては、司法書士資格向けの通信教育が存在します。またその中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、今の時代において最新の通信教育を提供している、予備校や資格学校も増えつつあります。

これより資格をとろうと受験学習をスタートする方たちにとっては、「司法書士試験は、いかほどの学習時間を費やせば合格できるのか?」なんかは、気に掛かる部分ではないでしょうか。
各年、司法書士試験合格者の合格率は、大体2〜3%程度でございます。必要とされる合計学習時間との釣り合いを見てみますと、司法書士試験がどれだけ難関となってるか分かるでしょう。
現実的に毎年、2、3万人辺りの人達が資格試験を受験し、約600名から900名のみしか、合格を得られません。この部分に注視しましても、司法書士試験の難易度の様子がわかるといえます。
科目ごとの合格率の数値は、ほぼ10%ぐらいというように、どの科目ともに高難易度の司法書士試験は、いわゆる科目合格制であるため、日中も働きながら合格を目指せる、資格といえるのです。
法令の消費税法に関しましては、司法書士試験の科目の内では、そんなに難易度は高めに設定されておらずに、初歩的な簿記の知識からしっかり持っておけば、割かしイージーに、合格を勝ち取るといったことが可能となります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|合格にいたらず不... | トップ | 司法書士|これまで素人で法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL