13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|実際難易度がめちゃくちゃ高い資格の試験であっても…。

2017-06-15 04:20:06 | 日記

普通司法書士試験というのは、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった指定はないですから、誰であっても資格を得ることを目指せます。もしも法律の事柄の知識・経験が全然無くとも、十分な受験対応法をこなすことによって、合格することも可能です!
メリットと思える点が多い、司法書士の専門学校に通学する上での効果が期待できる勉強法ですが、トータルで数十万円というそれ相当の金額が求められますから、全ての人が取り組めるわけじゃないでしょう。
司法書士資格試験の合格率は、ザッと1.75%とされています。今日、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院という機関が新しくでき、その学校のカリキュラムを修了することにより、新司法試験を受けることが出来る資格が入手できます。
司法書士を対象とする通信講座で、第一にお奨め教材は、合格実績が高いLEC です。使うテキスト一式においては、司法書士を目指している受験生間で、ナンバーワンにGOODな教材として定評を得ております。
さしあたって受験生たちが、司法書士の受験・合格体験記録等を、いろいろと調べてご覧になっている要因は、おそらく、どういう取り組み方や勉強法がご自分に対してマッチしているのか、迷っているからでしょう。

当インターネットサイトは、司法書士のスペシャリストが、司法書士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法を伝授し、司法書士を対象としている通信講座(通信教育)の評価、ユーザーの口コミなどの情報を収集し、とりまとめた司法書士に特化したサイトとなっています。
一般的に通信講座に申込すると、司法書士でありましても司法書士であろうと、どちらとも住まいまで本等を送付して貰えますから、各々の都合の良い段取りで、机に向かうということができるんです。
全て独学オンリーで勉強を行うという、大きな自信は持ち合わせていませんが、自分自身の歩度に合わせて学ぶようにしたいという人には、やはり司法書士の通信講座を受講した方が、打ってつけのスタイルの勉強法と思われます。
実際授業を受けられますスクールもカリキュラム内容についてもバリエーションが多いです。であることから、数え切れないほどある司法書士の通信講座プランの内より、働いている人でも両立して都合の良い時に勉強可能である、通信講座を実施しております学校をいくつか比較してみました。
課税等の消費税法は、司法書士試験の科目の内では、そんなには難しい難易度ではなく、簿記のベースの知識を掴んでおくことによって、他よりも楽に、合格点数のボーダーを越すことが可能といえます。

実際かかる費用が30万以上、時々には50万円超えの、司法書士資格の通信講座もままございます。その場合受講のスパンも、1年程度〜の長い月日のスタイルであることが、普通にあります。
今は、スクールに通学して教えてもらっている人らと、ほぼ開きがない勉強を行うことが可能となっています。その事柄を叶えるのが、今現在司法書士用の通信講座の主流の学習材といわれているDVDによるものです。
実際難易度がめちゃくちゃ高い資格の試験であっても、各科目毎その時その時に受験しても良いので、そういったことも関係して司法書士試験に関しては、1年に1度5万人強が受験申込みする、受かりづらい試験なのです。
一般的に全ての必須科目の合格率のトータル平均は、約10〜12%であって、別の難関資格以上に、合格率が上のように捉えやすいですけど、これは各科目の合格率の割合であり、司法書士試験全部の合格率ではありませんから、覚えておいてください。
合格が叶わず不合格になった際の、学習する合計時間数のリスク加減を考慮すると、司法書士資格の受験は学校が提供している通信講座、ないしは通学して授業を受ける通学講座を選定するのが、間違いなく無難と言えるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|司法書士に関して... | トップ | 司法書士|昨今は司法書士試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL