13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|試験を受ける前に会計事務所やまた司法書士事務所で働いて…。

2017-07-23 21:00:03 | 日記

試験まで学習時間が連日存分に確保することができる受験生であれば、模範的な勉強法でやり通すことで、司法書士試験で合格を目論むことも可能ですが、毎日何やかやと時間に余裕がない人に対しては、現実に合った手段ではないと断定できます。
試験を受ける前に会計事務所やまた司法書士事務所で働いて、現場歴を重ねていきながら、じっくり学ぼうという考えを持つ受験生は、どちらかといえば通信講座の方が最善といえるでしょう。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、数年がかりとなる司法書士の国家試験におきましては、ずっと勉強していられる環境が存在するかしないかといったことが、合格への大きな鍵となり、通信教育(通信講座)については、特別それが言えます。
昨今は司法書士試験合格対策の、インターネット上のサイトページであるとか、現役の先輩司法書士が、受験生に対して勉強方法を記したメルマガ等を発信中で、情報力や意気込みをアップするためにも利用できるものです。
著しく高難易度の法律系試験であるのに、各々都度受験することが可能であるから、故に司法書士試験は、年ごとに5万を超える人が受験に取り組む、受かりにくい試験となってます。

法律系の大学を卒業していなくとも、これまでに一度も実務経験がなくとも司法書士の国家資格はとれるものですが、けれどその分オール独学は、何百時間もの勉強時間・量も絶対に外せません。自分自身も独学で行って合格を可能にしたから、心底思います。
昼間サラリーマンとして勤務しながら、司法書士の資格を目指す方たちも多数いるでしょうから、自らの取り組めることを空いた時間に毎日着実に取り組むのが、司法書士試験合格へのショートカットになるのかも。
司法書士については、もしたった一人で独学だったとしても合格を実現できる国家資格の一つでございます。中でも現今、働いている方々が発起して狙う資格としては見込みがあるものですが、隣りあわせでめちゃくちゃ高い難易度となっています。
例年、司法書士試験における合格率は、2〜3%前後とされております。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間とのバランスを見ると、司法書士の資格試験がどれ程までに高難度かがご想像いただけるかと思われます。
1教科ごとの合格率を見ると、大概1割位と、それぞれの教科ともに難易度レベルが高い司法書士試験は、科目合格制度が採用されているので、仕事しつつ合格を勝ち取ることができる、資格です。

基本的に科目合格制度とされる、司法書士試験の国家資格取得は、1度の機会に、5分野の科目を受験することは強制されておらず、時期を分けて一つの科目ごとに受けても良いということになっております。先に合格をゲットした科目は、この後も司法書士となるまで有効なのです。
合格率の数字が7%ほどと、司法書士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い資格試験です。しかしながら、過分に構えることはございません。本気で勉学に励むことにより、あなたも絶対合格を目指すことができます!
予備校の司法書士コースを受けたいのですが、すぐ近くには専門学校ゼロ、仕事が多忙を極めている、予定がつまっていて学校に通う時間がとれないなどの人を対象とし、各学校では、自宅にいながら勉強できる通信講座を提供しています。
可能でしたら危険回避、安全に、用心を重ねてという意味で、司法書士試験に挑むにあたって、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に頼った方が不安が減りますが、独学で貫くことを選択肢の一つに入れてもいいかと思われます。
司法書士の合格を実現するためには、効率いい勉強法で臨むのが、大変肝要です。このHPでは、司法書士試験当日の日程やまた構成参考書の良い選び方など、受験生に有用な情報などを載せています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|司法書士資格取得... | トップ | 司法書士|国内の法人税法に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL