13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|今から8年前の平成18年度から…。

2017-07-15 09:30:05 | 日記

実際科目合格制度の、司法書士試験につきましては、1度のうち、5種類の科目を受けることは必須ではなく、1つの科目ごとに受験してもよい仕組みです。合格できました科目に関しては、司法書士資格を獲得できるまで適用されます。
今から8年前の平成18年度から、国家試験の司法書士試験は、大幅に改正が実行されました。それまでと違い法令科目が、多数出題されるようになり、多肢択一形式の問題や、記述式問題(小論文)のようなこれまでになかった形式の問題も出されるようになっております。
実際法務専門の法科大学院を修了した方であったとしても、合格できないことがあるくらいなので、核心を突いた質の高い勉強法を把握した上で真面目に取り組まなければ、司法書士の試験に合格をするのは容易なことではございません。
実際司法書士試験を学校・スクールなどへ行かずに独学でパスするのは、かなりハードといえますが、学習方法を効率よくしたり、情報を色々見聞きすることによって、短い期間・少ない学習量で合格することも、可能といえるでしょう。
100パーセント独学で通しているけど、受験当日までのスケジュールの立て方とか試験勉強方法等に、不安な点がある等の際においては、司法書士試験に的を絞った通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、1種のアプローチ法といえます。

本来合格率といいますと、司法書士資格の難易度の高さを表す判定基準の一つなわけですけれど、近ごろは、このレートがありありと下がってきており、受験生の皆さんから広く関心を集めています。
無制限に無い限りある時間をフル活用し、勉強することができるので、普段のお仕事や家事等と並立して司法書士の資格取得をしようと取り組んでいる方には、通信講座を受講するというのは、かなり利便性が高いものです。
法律を専門に勉強しておらずとも、またド素人であったとしましても司法書士の職に就くことはできますけれど、その分だけ独学スタイルなら、物凄い勉強量をこなすといったことも必ず求められます。まさに私も独学で行って合格を可能にしたから、そのことを思い知らされています。
受験制度の作り変えに沿って、従来の運・不運に振り回される賭博的な因子が無くなって、極めて腕前があるものかが見られる資格試験へと、今日の司法書士試験は大きく生まれ変わったんです。
こちらのウェブサイトにおきましては、司法書士用の通信講座(通信教育)を、失敗しないように選べますように、公平に決定できる色々な判断材料を様々揃えております。それらを基に、後は自らがコレと言うものを選んでくださいね。

今の司法書士につきましては、大変試験の難易度のレベルが高くなっていて、いずれの通信教育を選ぶかによって、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。そうは言っても、沢山の会社が存在しているから、何処を選んだらいいものか、悩む方も多いかと思います。
税務分野の個別論点の問題に着手したら、関連の練習問題に出来る範囲で臨み、とにかく問題に手慣れておくといった勉強法を新しく取り入れることも、司法書士試験の簿記論の対応策には著しく効果が期待できます。
要するに全部独学であっても、余すことなく、司法書士のやるべき中身について習得できるんであれば、資格を手に入れることはできるのです。さりとて、そうしようとするためには寝る間も惜しんで、長期間にわたることが要必須であります。
司法書士の通信講座内で、特にイチオシなのは、LEC(Legal Education Center) でございます。利用する指導書におきましては、司法書士を志す受験生たちの間で、ナンバーワンにGOODなテキストブックとして高く評価されております。
通学式の講座と通信式での通信講座を同時に申込可能である、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、高い精度の教科書と、及び受験指導に精通した一流の教師陣により、司法書士試験の合格者の1/2の成果を出す高い実績を有しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|法人税の個別の検... | トップ | 司法書士|プラスとなる面ば... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL