13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|会社に属しながら真面目に勉強を行って…。

2017-07-14 14:40:03 | 日記

合格率の数字が7%ほどと、司法書士試験は他の資格よりも難易度のキツイ法律系国家試験です。しかし、過剰に臆する必要はありません。適切な勉強を行えば、どなたであろうと確かに合格をゲットすることはできるのです。
世間一般で難関と言われている司法書士試験の難易度に関しては、とっても高度なもので、合格率の状況もたった2〜3%少々と、日本国内の国家資格の中でも、上位の超難関試験といえます。
全部の教科の平均的な合格率の割合は、約10〜12%であって、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が上のように思ってしまいますが、それに関しましては科目別の合格率の割合であり、司法書士試験をひとまとめにした合格率では、決してないのです。
5教科合格を実現するまで、長期間にわたってしまう司法書士の国家試験におきましては、学習を続けることができる環境であるか否かが、合格への大事な要素となり、通信教育のコースにつきましては、一段とそういった事柄が関与してきます。
そもそも司法書士試験とは、スゴク高難易度でございます。毎回合格率は、およそ全体の10%程度です。ただし、一回に限った試験で挑むのではなく、数年間にわたり合格を得ようとするならば、そんなにやってやれないことではありません。

合格率僅か2〜3%の狭き門とされる、司法書士試験に合格しようとするには、1人独学での勉強だけで臨むのは、上手くいかない場合がよくあり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強に取り組むのが多くの受験生の選択です。
司法書士試験の勉強をしている折には、集中する力を維持することが難しく感じたり、やる気を持ち続けることがきつかったりなどとウィークポイントも見られましたが、総合的に見たら通信講座をやって、資格を取得することが実現できたといったように考えております。
根本的に科目合格制となっているため、司法書士試験に関しては、お仕事をしている社会人も受験に臨みやすいのですが、その分受験勉強期間が長期になる風潮がしばしばみられます。ぜひ過去の諸先輩方たちの勉強法というのを参考にするとよいのではないかと思います。
実際司法書士の役回りをつとめる街の法律専門家として、期待が寄せられる司法書士においては、権威ある国家資格です。だからこそ、試験内容の難易度も超難しいです。
こちらのネットサイトに関しましては、現役にて活躍をしている百戦錬磨の司法書士が、司法書士試験の効率的な勉強法の指導はじめ、並びに多くの司法書士対象の通信講座の受験生間においての人気の現状、利用の感想などの情報を集めて、説明しているHPとなっています。

司法書士の通信講座内で、一等お奨め教材は、LEC(Legal Education Center) でございます。扱う専門のテキストは、司法書士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、最良のテキスト書だと評価が高いです。
司法書士の資格をとる場合、合格率が約6%と周知されておりますので、事務系の資格内におきましては、狭き門の資格として扱われています。しかし実際には、全体的に問題の60%以上正解になれば、必ず合格圏内に入ります。
司法書士につきましては、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、男女問わず・世代関係ナシで注目を集めている中、合格を勝ち取った先々には、すぐさま自分の営業所を立上げて、独立して開くといったことも選択肢にある法的専門資格取得試験です。
会社に属しながら真面目に勉強を行って、ついに3度目のチャレンジで司法書士に合格できた、当方の実経験を振り返ってみても、今はちょっと前より難易度に関しては、めちゃくちゃ上昇してきているのではないかと思います。
常時何事にも「法律をベースに置いた問題に接することが可能である人」であるかないかを見定められているみたいな、超難易度高の国家試験にチェンジしてきたのが、今日の司法書士試験の現実の姿と受け止めています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|経理実務の個別論... | トップ | 司法書士|合格して…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL