13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|仕事に従事しつつも…。

2017-06-10 13:00:02 | 日記

演習問題を何度もやって理解を深め十分頭にいれ基礎を築いた後、実践の総合的な各問題へと転換していく、王道的な勉強法を行うのが、いざ司法書士試験の簿記論合格には、まさに効果があるようです。
現実的に司法書士の業務に関わる街の法律の相談請負人として、活動に期待が集まる司法書士の立場は、威信を伴う資格の一つです。当然、それだけ試験の難易度の状況も相当高いものです。
全て独学での司法書士受験の勉強法をチョイスする場合に、殊の外障害となることは、勉強をしている中で分からない点などが生じた様なときに、誰にも聞くことが出来ないことです。
通学式の講座と通信式での通信講座をセットにして利用できる、学校「資格の大原」に関しましては、高精度の教材各種と、ベテランの講師たちにより、司法書士試験合格者の二分の一の数を巣立たせる自慢の実績を誇っています。
結論から述べますと、専門学校に通わなくともオール独学でも、正しく、司法書士の仕事について身に付けることができるのなら、資格を取得することは難しいことではありません。さりとて、そうしようとするためには寝る間も惜しんで、長いスパンを費やすことが必須です。

DVD教材や、テキストを活用しての学習の仕方に、少々不安を感じますが、本当に通信講座にて、司法書士試験に合格したという人達も数多く存在しておりますし、それ故独学スタイルよりは、合格への道が近いと思うようにしています。
どういった問題集を使って勉強をするのかというのではなく、どんな効率の良い勉強法で学習を進めるのかの方が、殊に司法書士試験での成功には大事であります。
大手中心に大抵の専門学校・スクールには、司法書士資格取得を目指す通信教育が開講されています。そんな中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、時代に即した新たな通信教育を実施している、資格専門学校もいくつか存在しています。
仕事に従事しつつも、司法書士になるための勉強をしているといった方もいると存じますため、ご自分の勉強を空いた時間に毎日コツコツと積み上げやり続けることが、司法書士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
司法書士試験に関しましては、高難度の国家試験といったように言われているため、経験豊富な教師陣が揃った予備校に定期的に通った方が、無難な選択です。とは言え、全部独学で挑んでも各人によって、その方法が合っていれば合格への道が近いようなこともしばしば見られます。

合格率の値が一桁台と、司法書士試験はとても厳しい難易度の国家試験でございます。ですけど、むやみに恐れなくても良いです。必死に頑張り続ければ、誰であってもしっかりと合格を目指すことができます!
毎回全試験科目の合格率のアベレージは、およそ10〜12%くらいで、この他の難関資格と比較して、合格率が上のように思えますが、それに関しましては科目別の合格率の数字でありまして、司法書士試験そのものの合格率ではありませんから、覚えておいてください。
一般的に司法書士は、たった一人で独学だったとしても合格を実現できる国家資格の一つでございます。中でも只今、サラリーマンをやっている方が発起して臨む資格としては期待ができますけれども、残念ながら相当難易度もHIGHであります。
これより資格をとるため試験勉強を始める受験生にあたっては、「司法書士試験に対しては、どれぐらいの勉強時間を保持したら合格をゲットできるのか?」というのは、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
プラスとなる面ばかりの、司法書士資格の専門スクールに通学する優れた勉強法ですが、合計何十万というそれ相当の金額が求められますから、どんな人でも入学できるというわけにはいきません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|元々…。 | トップ | 司法書士|日本で実施されて... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL