13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|基本演習問題をリピートし基礎的な学習能力を養い地ならしを行った上で…。

2017-07-11 18:50:05 | 日記

誰にも頼らず独学での司法書士試験に向けての勉強法をチョイスする場合に、他の何よりも問題としてあらわれやすいのは、勉強をしているうちに何か疑問事項が発生してきた際に、誰かに質問するということができないことです。
無論たった一人で独学で、合格を獲得するというのは、無理ではありません。だけども、司法書士の資格取得試験は10人受験して、合格者ゼロの場合もありますハードルの高い試験といわれています。見事突破するためには、成果が期待できる質の高い勉強ノウハウを習得しなければいけません。
並大抵ではないとされております司法書士試験の難易度の状況は、とっても高度なもので、合格率の数値も僅か3%くらいと、国家資格の中で見ても、トップクラスに入る超難関試験といえます。
実を言いますと、司法書士資格をとろうとするケースにおいては、専門スクールに通わずに独学で合格を実現しようとする方たちが僅かということも関係し、全くもってほかの法律系試験と照らし合わせると、市販の教科書もほとんど、充実していません。
一般的に国家試験の司法書士試験の合格率の値は、10%前後と、超難関と知られている割には、合格率が高いものとなっています。とは言え、一度目で合格することが出来るのは、不可能に近いと言っても過言ではありません。

実際法務専門の法科大学院で学業を修めた方でも、不合格結果がもたらされることも無いわけはないので、要点をとらえた効果的な勉強法を考えた上で真面目に取り組まなければ、司法書士試験にて合格を果たすというのは困難といえます。
実際簿記論におきましては、把握しないといけない内容量は数多いですけど、総じて計算する問題にてつくりだされているため、司法書士を目指すには他の国家資格よりも、比較的独学で行っても、勉強がとりかかりやすいカテゴリーの試験科目といわれております。
そもそも司法書士試験とは、かなり難易度が高めであります。合格率の数値は、僅か1割前後。ではありますが、一回のみの試験ではあらずに、何年かにわたって合格を狙うつもりなら、特別ハードなことではないといえるでしょう。
勉強時間が連日存分にある受験者は、一般的な勉強法でやり通すことで、司法書士試験をパスすることも有り得ますが、普段から仕事に追われているなどスケジュールに追われているような方には、現実に合った手段ではございません。
基本演習問題をリピートし基礎的な学習能力を養い地ならしを行った上で、現実的な総括問題へとレベルアップしていく、フツーの勉強法を実行するのが、司法書士試験を受験する際の簿記論科目に関しましては、実に役に立つようです。

一般的に司法書士試験は、高難易度の国家試験の1つですから、合格率が高い専門のスクールに足を運んだ方が、リスクを避けられます。とは言え、独学で行っても個人により、その方法が合っていれば合格への道が近いといったような事例もあるようです。
事実授業料30数万円〜、それともまた50万円以上の金額の、司法書士を対象としている通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。高額の講座は期間も、1年以上継続の長期に及ぶ計画で設定されていることが、多々見られます。
実際国家資格の中におきましても、難易度高の司法書士となっていますが、ともあれ合格へ至るまでのプロセスが厳しければ厳しいほど、いよいよ資格を取得した以後は就職率の高さや報酬額、そして高い階級の立場を作り上げることができるといったことも確かです。
現実的に合格判定が出なかった時の、学習する合計時間数のリスキーな点を考えると、司法書士資格を取得する受験はスクールが行っている通信講座、あるいは通学授業コースを選定するのが、安全性アリといえます。
合格率僅か2〜3%の狭き門とされる、司法書士試験合格を目指すには、一から独学での受験勉強だけでやるのは、上手くいかない場合が色々あり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強を行うのが世間一般的でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|普通司法書士試験... | トップ | 司法書士|何から何まで盛り... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL