13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|難易度高の試験なわけですけれど…。

2017-06-16 18:20:04 | 日記

基本として、司法書士試験に一切独学で合格を狙うのは、相当厳しいという実態を認識しましょう。そのことについては今までの合格率の数値が10%を超えない事実があることからも、目に見えて知りえることでございます。
結論から言いますと、実際に独学で取り組んだとしても、確実に、司法書士全般に関しまして把握できましたら、資格を得ることは出来ます。ただし、そうするためには結構、長いスパンを費やすということが欠かせません。
最初から会計事務所だとか司法書士事務所に就職し、実務経験を積み増しながら、徐々に勉強していくという手順を踏むといった方は、通信講座のスタイルを選ぶ方が最善かと思います。
実際に通信教育講座ですと、司法書士試験に向けての術を万全にした、試験専用の教材が揃えられておりますから、独学するよりも学習の仕方がマスターしやすく、より学びやすいはずです。
司法書士資格の試験制度の改訂をきっかけに、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくるギャンブル的なファクターが取り払われ、正しく技量のアリORナシがチェックされる資格試験へと、今日の司法書士試験は改められたのです。

常に何でも「法律を基軸とした物事を捉えられる人間」であるかそうではないのかということをチェックするような、めちゃくちゃ高難易度の法律系国家試験に変化してきているのが、ここ最近の司法書士試験の事実ではないかと思います。
一切独学のみで学ぶという、やる気はありませんけれど、マイペースで学習したいと考えている方ならば、司法書士資格取得の通信講座を受けた方が、相応しいスタイルの勉強法と思われます。
一般的に司法書士試験は、歳や性別・学歴などの指定はないですから、老若男女受験可能でございます。それまで法律に関する詳しい学識をほとんど有していないといった方であれど、しっかりとした受験に対しての方策を立てることで、合格が狙えるといっても過言ではありません。
国家資格専門学校の司法書士講座を受講したいけれども、近場に学校が存在していない、仕事が忙しく休みがとれない、予定がつまっていて学校に通う時間がとれないという受験生たちのために、各スクール毎で、好きな時間に勉強すればよい通信講座を開校しております。
実際司法書士試験をたった一人で独学にて進めるのは、相当難関ですが、トライしてみたいと望んでいる人は、まず必須とされる会計科目の学習から挑むようにするのがおススメ。

専門スキルの高い法律の内容で、難易度が相当高いですが、原則的に司法書士試験については、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を設けておりますから、各科目毎何年かかけて合格するスタイルでも、オッケーとされている試験となっています。
難易度高の試験なわけですけれど、教科をひとつずつ何年かにわたって受験することも認められておりますので、それ故司法書士試験は、現在毎年最低5万名以上もの方が受験を申込する、人気が高い試験なんです。
一般的に通信講座に申込すると、司法書士でも司法書士にしましても、どちらも家にいながらもテキストのセット等を送付して頂くことができますから、各々の好きな時に、学ぶことが可能であります。
平成18年(2006年)度から、国家資格の司法書士試験は、新しく改定がされました。今は法令科目が、重きを置かれるようになり、選択制のマークシート式の、論述式問題のような新しい傾向の試験問題も出されています。
実際に司法書士資格取得試験の合格率の数字は、およそ1.75%ぐらいと言われています。近年においては、法科大学院(専門職大学院)といったものが設けられて、そこでの教程を終えることが出来れば、新司法試験受験資格というものが与えられます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|資格取得を目指す... | トップ | 司法書士|司法書士の合格を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL