13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|はじめから会計事務所とか司法書士事務所・司法書士事務所などでの現場で実戦経験を積んでいきながら…。

2017-07-13 22:40:02 | 日記

現実的に司法書士試験の独学での合格は、かなりハードといえますが、勉強のやり方をアレンジするとか、把握しておくと良い情報を積極的に集めて吸収しておくことで、短時間で試験合格を果たすのも、可能でしょう。
はじめから会計事務所とか司法書士事務所・司法書士事務所などでの現場で実戦経験を積んでいきながら、コツコツ学習をしていくような人のケースですと、通信講座の学習方法が適切と考えます。
税制の消費税法は、司法書士試験の必須科目の中では、言うほどレベルの高い難易度ではなくって、初歩的な簿記の知識からマスターしておいたら、割かし難関ではなく容易に、合格を勝ち取ることが可能でしょう。
どの問題集を利用して勉強を行うのかといったことよりも、どんなタイプの勉強法を用いて進めるのかということの方が、明らかに司法書士試験を通過するためには重要視されます。
サラリーマンをしながら、司法書士資格ゲットを狙っている人も数多くいると存じますため、あなた自身の行えます事柄を空いた時間に毎日少しずつ取り組み続けるというのが、司法書士試験の合格を可能にする最も近いルートなのかもしれないです。

全て独学での司法書士試験に向けての勉強法をセレクトするケースで、特に問題として発生しやすいのは、勉強中に疑問に思う事柄が出てきた状況で、周りに頼れる人がいないことでございます。
司法書士の資格試験制度の改変とともに、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる不確定な博打的要素がカットされ、本当に器量があるか否かが判断される実力本位の試験へと、司法書士試験は大きく生まれ変わったんです。
毎年全教科の平均での合格率は、全体から見て10%〜12%あたりであり、他のハイレベルな資格よりも、合格率が高めであるように思えるでしょうが、それは科目毎の合格率であって、司法書士試験全部をひっくるめた合格率ではないので、頭に置いておくように。
今日の司法書士に関しては、超難易度が高度な試験となっており、どこの通信教育を選択するかで、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。そうは言っても、沢山の会社が存在しているから、何処を選んだらベストなのか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。
このネットサイトの上では、司法書士用の通信講座(通信教育)を、確実に選ぶことができるように、公平に評定できるデータを色々載せていきます。それより後は自分自身でベストなものを選んで下さい。

資格をとって、そのうち「自分のみのチカラで挑戦したい」とした強固なモチベーションを抱いている人なら、どんなに司法書士資格の難易度が高度であれど、そのハードルもきっとクリアできるでしょう。
通信講座を受ける際は、司法書士であれど司法書士だとしても、どちらにせよ受講者のお家まで教科書などを発送して貰うことができますので、自分自身の空いた時間に、習得するのが可能です。
通信講座(通信教育)については、教材自体の質が大きく影響します。この頃はDVDとかインターネットでの動画配信などの映像教材も豊富ですが、司法書士の予備校毎に、指導方法は大きく異なっています。
実際司法書士試験に関しては、司法書士として活動するのに要必須な法令などの知識はじめ、それを現場で活かせる力量をしっかり身につけているかどうなのかを、品定めすることを1番の目的に、執り行われる日本でトップクラスの国家試験です。
専門学校の司法書士の講座を受講したいけれど、近くの地域にはスクール無し、会社が忙しい、学校に足を運ぶ時間が全くないといった受験生のために、各スクール毎で、自宅で学べる通信講座を設けています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|日本国内の司法書... | トップ | 司法書士|合格率の値が一桁... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL