13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|司法書士試験というのは…。

2017-07-17 09:30:02 | 日記

法律を専門に学ぶ法科大学院を修了した方であったとしても、不合格判定になることが見られるほどなので、適正な最善の勉強法を考慮し本気で臨まないと、司法書士資格試験合格実現は簡単ではないでしょう。
様々な資格講座が用意されているユーキャンの司法書士向けの講座は、年毎に約2万人位に活用されておりまして、一切法律のことに精通していないなんて方であっても、キッチリ資格取得できる能力を一からマスターすることが可能である、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
国家資格試験の司法書士試験の合格率の数値は、10〜12%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、合格率が高めとなっています。ただし、1発目で合格を手にするのは、ほとんど0%と言われている様子です。
現実難易度が高度な試験でありながら、それぞれ分けて受験するといったこともできることによって、そういったことも関係して司法書士試験に関しては、1回に5万人以上の方たちが受験に取り組む、受かりづらい試験なのです。
法律系の大学を卒業していなくとも、実務の経験がなくっても司法書士の資格を取得することはできますが、その分やはり完全に独学であるケースは、勉強時間も絶対に大事。わたくし本人も一から独学にて合格を得たので、ひしひしと思うわけです。

司法試験と同等な勉強法でおこなうケースだと、法律知識ゼロからスタートする司法書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強量+時間がものすごくなりがち。それに加えて有益な結末は迎えられず、コストと効果のバランスが悪いです。
法律系国家資格において、特殊な職務を果たす、司法書士や司法書士でありますが、難易度のレベルは司法書士の方がハードで、その上活動内容にも、色々な点でめいめい相違しているのです。
実際に5種類の科目に合格するまで、長期間かかる司法書士の難関試験では、学習を続けることができる環境が整っているかが、大事であり、通信教育は、よりその点が関係してきます。
非常に専門的な試験の内容ですから、難易度が大変高いわけですが、基本的に司法書士試験につきましては、科目合格制度のシステムの採用を行っているため、一つの教科毎に何年かかけて分けて合格することも、問題ない試験とされております。
法律系国家資格の中でも、超難易度が厳しいとされる司法書士の業種ですが、他と比べて合格を獲得するまでの経過が困難極まりないからこそ、ようやく国家資格を得た後は高いニーズや収入、また社会的地位をゲットできる可能性もございます。

受験当日まで学習時間が日頃多く確保できる人は、標準的な勉強法でやり通すことで、司法書士試験をパスすることも有り得ますが、別の仕事を持っているなど日常生活で暇が無い人に対しては、いいやり方ではございません。
簿記論の教科に関しましては、理解するべき内容はいっぱいですけど、100%の割合で計算式の問題で組み立てられているため、司法書士資格は法律系資格のうちでは、他より独学で臨んでも、取り組みやすい分野の試験科目となっております。
司法書士試験というのは、基本記述式の問題だけしか無いものだと、思っていて構わないといえます。と言いますのは、もう一つの口述試験は、ほとんどの方が落ちるなんてことの無い試験内容だからです。
当然ながら司法書士の合格を目指すには、能率的な勉強法で取り組むのが、かなりマストです。当サイトにおきましては、司法書士試験の日取りですとかお勧めの教科書のセレクト方法など、受験生らに手助けになるような情報・最新ニュースを掲載しております。
今後資格試験に向けて試験の勉強に取り掛かるという人にとっては、「司法書士試験は、どの位の勉強時間を保持したら合格できるのか?」ということが、当然知っておきたい点ではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|主流の資格取得専... | トップ | 司法書士|毎年総じて…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL