13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年独立8年合計13年の経験を持つ司法書士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|当然司法書士試験の独学での合格は…。

2017-06-14 06:40:07 | 日記

最も関門とされる税法教科の「理論暗記」を主に、司法書士試験勉強法のアドバイスかつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関しても徹底追及!更には記憶術だったり、受験勉強に、有用なモノ・コト等様々な情報をピックアップいたします。
科目ごとの合格者の合格率は、ザッと10%辺りと、1教科1教科とも難易度が高くなっている司法書士試験は、科目合格制度が採用されているので、就労しながらの合格も無理ではない、資格試験といえます。
完全独学だけで勉学に励むほどの、やる気はありませんけれど、自身のコンディションに沿って勉学に励みたいと考えている方ならば、あえて言うなら司法書士専門の通信講座をチョイスした方が、適切な勉強法であります。
2006年度(平成18年)から、司法書士試験の中味につきましては、かなり改正が実行されました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、重点を置かれるようになって、多肢択一の問題であったり、40字程度の記述式の問題というような新たな傾向の問題も広く出題されています。
実際合格率が全体から見て7%のみといったら、司法書士資格試験はとても難易度が厳しそうでございますが、絶対評価により到達度点数の総体的に60%を超える問題がちゃんと正解することができたなら、合格判定は間違いないでしょう。

ここ何年かいつも、司法書士試験の事実上の合格率の数字は、おおよそ2〜3%位であります。必須とされる学習期間とのお互いの兼ね合いで考えると、司法書士の試験がどの程度狭き門か推測していただけると思います。
事実司法書士に関しましては、全体の合格率が6%あたりとされていて、事務系の資格内におきましては、壁が高い資格だと言えます。といいましても、全ての試験問題の中最低6割正解できたら、合格確実です。
どの問題集を利用して学習をするかなどということよりも、どの効率いい勉強法で取り掛かるかといったことの方が、間違いなく司法書士試験で合格を得るためには重要視されます。
一般的に9月に入ってから、来年の司法書士試験に臨むために取り掛かり始めるなんて方々も、多数存在するのではないでしょうか。おおよそ一年間に及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、己に最善な勉強法で実践する工夫も必要であります。
実際に国家試験の司法書士試験の合格者の合格率は、10〜12%と、難関試験とされている割には、他と比較して高合格率となっています。けれども、1回で合格するのは、ほぼ不可能なことと言われているようであります。

法律系の資格の中におきましても、高い専門性を持つ職務を果たす、司法書士・司法書士であるわけですが、難易度の高さは司法書士の方が難しいとされており、加えてその取り扱う業務内容にも、大分差異があります。
事実「法をベースにモノの見方が備わっている方」であるORないのかをまるで問われるような、著しく高い難易度の試験としていわれているのが、昨今の司法書士試験の実際の様子ではないかと思います。
実際に司法書士資格取得試験の合格率の数字は、とても低くて、大体1.75%と認識されています。近年、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』というところができ、その過程を修了することで、新司法試験を受験することができる資格を手にすることができるのです。
基本的に科目合格制システムをとっておりますため、司法書士試験においては、忙しい社会人も受験しやすくなっていますが、その代わり受験生活の期間が長くなる風潮があったりします。今までの諸先輩方の行ってきた勉強法をお手本にすることをお勧めします。
当然司法書士試験の独学での合格は、壁が厚いですけれども、学習の仕方をいろいろチェンジするとか、重要な情報を十分揃えることで、短期スケジュールにて合格を叶えるなんてことも、不可能なことではないでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|様々な資格講座が... | トップ | 司法書士|現実「通信教育の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL