13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|何年か前までは合格率の数値が10%あたりが定番になっておりました公認会計士試験だったけども…。

2017-07-17 11:10:02 | 日記

日本の法人税法に関しては、ビジネスをする上で、必須の学識になります。ですが、覚えなければいけない量がスゴクあるために、業界では公認会計士試験のナンバーワンに厳しい関所となっています。
実践で「法律学的に思考が出来る人物」であるか否かを確認されているみたいな、超難易度が高度な試験となっておりますのが、今日の公認会計士試験の現実の姿ではないでしょうか。
法令系の国家資格であって、非常に専門的な職分の、公認会計士及び公認会計士でありますけど、難易度を見比べると公認会計士の方が一段と壁が高くて、そしてまた取り扱う業務内容にも、沢山異なりがあります。
一般的に通信教育では、どちらの学校でも公認会計士試験に絞った対応措置を完全にとりまとめた、資格取得向けの学習材があるので、独学と比較して勉強の進め方がマスターしやすく、勉強が行いやすいといえます。
国家試験の制度の修正と一緒に、今までの運や不運に左右される博打的な内容が無くなって、純粋に実力を持っているのかということを判別される試験として、現在の公認会計士試験は新しく生まれ変わりました。

基本的に公認会計士の職種は、誰にも頼らず独学であろうと合格を叶えられる資格といえるでしょう。確かに、社会人の方が奮起して挑む資格としてはとても有望ではありますけれど、隣りあわせで難易度もかなり高めです。
司法試験と同じ勉強法でありますと、0からはじめる公認会計士試験に限る受験生よりも、学習量が膨大なものになりがちです。それだけでなしに条件に見合った結果には至らず、需給バランスがあまりよくありません。
今日皆々様方が、人気No.1公認会計士の合格までの詳しい体験記録を、様々に探し求めてチェックしている要因は、大概が、どうした勉強法・やり方が自分にとって最適であるのか、思い悩んでいるからでしょう。
何年か前までは合格率の数値が10%あたりが定番になっておりました公認会計士試験だったけども、今となっては、一桁台で滞っています。合格率一桁台であると、難易度が厳しい国家資格の内のひとつとして、考えてもいいでしょう。
結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学で取り組んだとしても、万全に、公認会計士の内容について知ることができたなら、合格も夢ではありません。ともあれ、それを現実にするには大変、長時間を勉強にあてるということが欠かせません。

極めて専門的な要素を含む試験の内容ですから、難易度が相当高いですが、元々公認会計士試験では、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を採っているため、教科をひとつずつ複数年かけ合格するスタイルでも、認められている試験なのであります。
大抵の人は、ネームバリューがある企業だからとか、無根拠のいい加減なきっかけで、通信教育を選びがちです。されど、そのようなことで難関の公認会計士に、合格することは難しいでしょう。
経理実務の個別論点を勉強し出しましたら、関連の練習問題に可能ならば何度も挑んで、とにかく問題に手慣れておくといったような勉強法を導入するのも、公認会計士試験の傾向を踏まえた簿記論対策についてはとても実効性があります。
法科大学院(専門職大学院)を卒業した経験者でも、不合格となるようなことがあるぐらいですから、核心を突いた効率良い勉強法をじっくり考え真面目に取り組まなければ、公認会計士資格試験合格実現は厳しいでしょう。
日本の公認会計士試験においては、年齢であったり性別・学歴などの条件は不問ですので、どんなに若くても年を経ていても受験可能でございます。万が一法律に関しましての学識をほとんど有していないといった方であれど、キッチリ受験対策を実施するようにすれば、合格できるはず!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|限られた時間を... | トップ | 公認会計士|通学講座コース... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL