13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|合格率の数値が1割にも満たない7%前後と…。

2017-07-11 09:50:03 | 日記

平成18年度(2006年度)以後、国家試験の公認会計士試験は、大分訂正されました。今は法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢選択方式の問題やまた、記述形式の問題といったような新タイプの問題といったものも出されるようになっております。
無論たった一人で独学で、試験に合格することは、できることといえます。しかし、毎年公認会計士は10人受験をしたとして、合格者が0人のケースもある難易度マックスの試験であります。見事突破するためには、良い勉強法を確立する必要があります。
やはり公認会計士に合格するには、自分に合った正しい勉強法でやるのが、特に大事となります。このホームページでは、公認会計士試験の予定及び参考文献の選び方等、受験生向けの役立つ情報をピックアップしました。
高い網羅性を誇っているテキストブックにすら見たことのない、より深い知識が要求される問題に関しては、スッキリと諦めるべきです。いさぎよく切り捨てるのも、難易度がめちゃくちゃ高い公認会計士試験に対しては、必要なアクションなんです。
実際通信教育ですと、どの会社のものでも公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を万全にとった、独自の教材がつくられていますので、独学で進めるよりも勉強方法が会得しやすく、勉強を効率的に進めやすいといえます。

合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、公認会計士試験は高い難易度を誇る国家試験です。だけど、過度に恐れなくてもよいのです。全身全霊で立ち向かえば、どなたであろうと卒なく合格は得られるはず!
関門であるといわれております「税法理論暗記」をメインに、公認会計士試験の勉強法の工夫、また脳を育てる頭脳開発、速聴や速読といったことなどについても完璧にリサーチ!それ以外にも暗記方法ですとか、勉強をする中で、役に立つ押さえておくと良いポイントをこのサイトで情報発信していきます。
実践で「法律学的にモノの見方が備わっている方」であるのかないかを確認されているみたいな、すこぶる難易度が厳しい試験になりつつあるのが、ここ最近の公認会計士試験の実相と感じております。
今から公認会計士資格をゲットする為に試験学習に取り組むという方なんかは、「公認会計士試験に於いては、どれほどの学習時間を保ったら合格することができるのか?」という問いは、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
リアルに会計事務所OR公認会計士事務所に入社し、現場歴を重ねていきながら、徐々に頑張っていくとした方は、どちらかといって通信講座(通信教育)が最適だろうと思います。

一般的に通信講座に申込すると、公認会計士にしましても公認会計士でありましても、ともに自宅までテキスト一式を送付して頂くことが可能なため、本人の好きな時に、学習することができるのです。
公認会計士につきましては、たとえ全て独学で行っても合格を可能とすることができる資格であります。今現在、サラリーマン・OLなどの方が積極的に臨む資格としては現実味がありますが、裏腹で難易度も高いレベルであります。
実際司法試験と近い勉強法でございますと、新参の公認会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、合計の勉強量が大量になりやすい傾向です。それに加えて妥当な結果は見ることが出来ず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
昨今の公認会計士試験においては、実質的には筆記で解答する問題しか無いものだと、判断して問題ないです。と言いますのは、口述試験に関しては、余程マズイことをしない限り不合格扱いにならない試験となっているためです。
日本の公認会計士試験においては、年齢や性別、これまでの学歴などの制限は設けられておりませんから、いくつでも誰でも受験してもオッケーとなっています。万が一法律に関しましての知識や経験が一切ない素人だとしても、ちゃんとした受験への対応策をとれば、合格を実現することも可能であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|いい点がいっぱ... | トップ | 公認会計士|司法試験と同じ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL