13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|法律で平成18年より…。

2017-06-19 04:10:02 | 日記

開講実績30年以上を誇るユーキャンの公認会計士向けの講座は、毎年ざっと2万人ぐらいが受けており、少しも法律知識を持っていないといった受験者であれども、堅実に資格を取得することが出来る効率的な勉強方法を身に付けられる、国家資格人気上位の通信講座とされております。
法律系の国家資格でありまして、専門知識が要求される業務を担う、公認会計士・公認会計士であるわけですが、どちらの難易度が高いかといえば公認会計士の方が厳しく、なおかつ業務の詳細につきましても、結構各々異なっております。
毎度大抵、公認会計士試験でのリアルな合格率は、一桁台で2〜3%くらいです。長いスパンに渡る試験勉強時間との両者のバランスの様子を見ると、公認会計士国家試験がどんなに難易度レベルが高いものであるか頭に思い描けるはず。
法律で平成18年より、公認会計士試験システムに関しては、大幅に変化しました。従前と異なる点は法令科目が、重要視され、多肢選択方式の問題やまた、記述タイプの問題のような思考力が求められる新しい傾向の問題というのも広く出題されています。
合格率の割合が7%前後と言われると、公認会計士試験は著しく難易度が厳しくって大変そうですけれど、指標に基づくボーダーラインの全体の60%以上の問題が合えば、合格を勝ち得ることは確実であります。

現実的にいくつかの国家資格のなかでも、より難易度が高い公認会計士ですけれども、合格というゴールへ到達するまでの工程が障害が多いからこそ、ようやく国家資格を得た後は高需要や給金、かつまた社会的身分の高い立ち居地を獲得できるということも考えられます。
実際公認会計士試験に関しては、超難関と知られている、法律系国家資格の1つ。こちらのサイトでは、対象の公認会計士試験に一発で合格するための能率的な勉強法等を、自分の合格実現までの実体験を経て得た情報を踏まえて色々記そうと思います。
くらしをサポートする法律家として、社会に貢献できる公認会計士の試験を受ける際に、資格に関しては必要有りません。どのような方でも挑むことができますため、通信教育のコースの中でも、年代や男女問わず支持されているポピュラーな資格でございます。
世間一般的に公認会計士の代わりに法的業務を行う街の法専家としまして、盛んな活動が望まれます公認会計士のポジションは、威信を伴うといわれている資格であります。したがって、それに反映して試験の難易度に関しましてもとっても高いものとなっています。
実際とても難しいと口々に伝えられている公認会計士試験の難易度は、大変高いとされ、毎年の合格率も大体3%未満と、国内の国家資格の中でも、トップを誇る難関系試験とされております。

他よりもかかる費用が安い、問題範囲を絞り、学ぶ量を少なく設定しているカリキュラム制度、高品質の指導書などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。事実公認会計士通信講座を一つ挙げるならコレといわれているくらい、高い好評を得ています。
難しい「理論暗記」を第一に、公認会計士試験の効率良い勉強法、加えて脳を鍛えるトレーニング方法、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましても完全に追求!この他暗記力を高める方法であったり、学習に、重宝するお役立ちツールを様々に紹介いたします。
現実的に科目合格制という制度がとり入れられているが故に、公認会計士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験をしやすいのですが、とはいえ受験生活にかかる期間が長くなることが一般的です。ぜひ過去の諸先輩方たちの勉強法の具体的手法にチャレンジすることも必要でしょう。
科目合格制が採用されている、公認会計士試験の資格の取得は、1度のうち、5種の分野の科目を受験することは必須ではなく、1つの科目ごとに数年かけて受験を実施してもいいシステムです。1度合格点を得た科目は、この後も公認会計士となるまで有効とされ失効にはなりません。
一般的に公認会計士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、簡単なことではありませんが、学習法をアレンジするとか、把握しておくと良い情報を積極的に揃えることで、少ない時間にて合格を叶えるなんてことも、できるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|当サイトでは…。 | トップ | 公認会計士|公認会計士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL