13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|現時点…。

2017-06-14 03:20:02 | 日記

基本的に通信教育は、教材そのものの品質が結果を左右します。昨今ではDVDですとかオンラインでの動画配信などの動画学習系も大変充実しておりますけれど、それぞれの公認会計士の資格取得スクールによって、指導方法は多種多様です。
実際公認会計士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは、相当壁が高いものですけれども、独学にて挑みたいと思っているという人は、まずもって会計に関わる科目の勉強から着手するようにするといいでしょう。
資格取得が難しい試験といわれる公認会計士試験を受ける場合におきましては、生半可な姿勢では合格が難しいです。もちろん独学にて合格を叶えるというのは、全力を尽くす必要があります。受験生の皆様にちょっぴりであれど役立つような情報サイトになるならとても幸せです。
現実的に公認会計士試験は、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格の中の1つです。当サイトでは、目標の公認会計士試験に一発合格するための質の高い勉強法等を、管理主自身の合格出来るまでの経験を基本として公表します。
基本として、公認会計士試験に一切独学で合格を勝ち取るのは、生半可な努力では無理という現実を確認しておきましょう。それにつきましては合格率がずっと10%に届くことがない現状によりましても、目に見えて推察できることです。

一般的に通信で講座が学べる教育機関も勉強法に関しても実に多種多様となっています。であることから、色々な公認会計士の講義コースの中から、仕事と両立している人であれど勉強が行える、通信講座を行っている専門スクールを色々リサーチしました。
2006年度から、公認会計士試験の内容は、多数改正がなされました。従前と異なる点は法令科目が、重要視され、選択式問題及び、記述タイプの問題のような思考&記述力が試される新たな問題等もお目見えしました。
司法試験と同一の勉強法で実行するのは、一からの公認会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、合計の勉強量がものすごくなりがち。また思うような成果は見られず、対費用効果が低くなります。
科目合格制が採用されている、公認会計士試験の国家資格取得は、1回の試験で、全5科目を受験することは求められておらず、時期をずらして1教科ごと受けても良いということになっております。合格科目に関しましては、公認会計士の資格をとるまで合格として認められます。
現時点、または未来に、公認会計士の資格を得るのに一切独学で受験を行う人に対して作成した、情報満載のサイトになります。その中では合格をする為の工夫や、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を様々に伝えております。

独学スタイルでの公認会計士を目指す勉強法をセレクトするケースで、最大に壁となる可能性があるのは、勉強をしている中で不明な点が見つかった場合に、一人で解決しなければならないことです。
今日この頃は公認会計士試験に勝つための、コンテンツ・サイトや、現役の先輩公認会計士が、受験者達用に勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を発刊していまして、情報集め・読解力&モチベーションを保持し続けるためにも活用できるものだと思われます。
公認会計士資格の試験制度の改訂において、それまでの運・不運によるギャンブル的なファクターが全てなくなって、事実上実力を持っているのかということを品定めされる試験として、現在の公認会計士試験はベースからチェンジしました。
大概のことは全て集約したテキストであれどピックアップされていない、学識が求められる問題においては、スグに断念すると良いかと思います。潔いのも、高い難易度の公認会計士試験に対しては、肝心なことなんです。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験は高い難易度を誇る国家試験でございます。だけど、あまり怖気づくことはないです。全身全霊で立ち向かえば、どなたであろうと必ずや合格を獲得することは可能です!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際合格率が全... | トップ | 公認会計士|メリットが多く... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL