13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|一般的に通信で講座が学べる専門スクールも勉強の方法も色んなものがあります…。

2017-07-14 12:50:02 | 日記

数ある公認会計士の通信講座の中でも、ナンバーワンに効果的でおすすめなのは、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。講座で使用するテキストセットについては、公認会計士受験生間にて、著しく有用である専門テキストとして評価が高いです。
当然公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、大変ハードルが高いのですが、それでも挑んでみたいと望んでいる人は、まず先に会計学の勉強より取り組むことを推奨します。
当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格するということも、実現可能です。けれど、公認会計士の資格試験は10人挑戦しても、合格者が0人のケースもあるとっても難しい試験といわれております。勝利を得るには、優れた学習方法を自分のものにすることが要求されるのです。
一般的に通信で講座が学べる専門スクールも勉強の方法も色んなものがあります。その事から、多々の公認会計士を対象にしている講座内で、お仕事をされている方でしても自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座を開催している予備校を比較検討しました。
実際毎年、2〜3万近くの人達が資格試験を受験し、600〜900人程度しか、合格に至れません。こうした現状を見るだけでも、公認会計士試験突破の難易度が厳しいことがみてとれます。

通学講座&通信講座の2種をセットにして利用できる、学校「資格の大原」に関しましては、満足のいく教材一式と、加えて優秀な講師たちによって、毎年公認会計士合格者の全体の1/2以上を世に送る業界トップクラスの実績を誇ります。
高度な知識や経験を必要とする中身となっており、難易度が相当高いですが、されど公認会計士試験では、科目ごとの合格システムを設けておりますから、一つの教科毎に5年間にわたり合格を得ていく方法も、認められている試験なのであります。
毎日の生活の中で時間をフル活用し、学習に取り組めますため、働きながらや及び家事などと二足のわらじを履いて公認会計士の資格を取得しようといった考えを持っている人においては、通信講座を受講するというのは、物凄く利便性が高いものです。
近いうちに公認会計士資格をゲットする為に試験学習に取り組むという方なんかは、「公認会計士試験では、どれぐらいの勉強時間を確保したならば合格できるんだろうか?」という問いは、大いに気になる所だと思われます。
資格をとって、今後「実力で新しい道を開く」とした強固な志がある受験者でありましたら、どんだけ公認会計士の難易度の加減が相当高くても、そのような垣根も必ず打ち破ることが可能かと思います。

国家資格の中においても、高い難易度を誇っている公認会計士なのですが、けれども合格できるまでの経路が障害が多いからこそ、やっと資格取得した未来はニーズの高さや給料、加えて名誉ある地位をゲットできるということも考えられます。
中には30万以上、それともまた50万円超えの、公認会計士試験向けの通信講座も珍しくないものです。ちなみに受講する期間も、1年を過ぎる長期に及ぶ教育コースになっていることが、よくあるものです。
通信講座の場合は、公認会計士にしましても公認会計士であろうと、どちらとも受講者のお家まで教本などを宅配していただけるんで、各々の空いた時間に、学習することが可能になっております。
一般的に9月に入ってから、次の公認会計士試験に向け用意し出すとした人なども、いっぱいいらっしゃるでしょう。およそ1年強長いスパンで続く資格試験勉強では、己自身にベストな勉強法を見出す独創性もとても重要とされます。
法律系国家資格の、特殊な業務を執り行う、公認会計士や公認会計士でありますが、現実の難易度に関しては公認会計士の方が難度が高くて、それだけでなく仕事の内容に関しても、色々と違っております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際公認会計士... | トップ | 公認会計士|公認会計士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL