13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|合格率の数値が僅か3%の茨の道の…。

2017-06-15 09:40:06 | 日記

ユーキャンが提供している公認会計士の試験対策講座は、毎年毎年約2万人の方たちの受講申込があり、あまり知識を備えていない未経験の方でありましても、手堅く資格が取得することができるコツや学習法を自分のものにできるといった、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
公認会計士試験の役割は、公認会計士の資格を取得するために求められる学問の理解と、それを応用することができる能力の有無を、ジャッジすることを目当てに、実行する超難関の法律系国家試験です。
昔から毎年、2〜3万近くの方たちが受験をして、600〜900人に限ってしか、合格を獲得できません。こうした現状を見るだけでも、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかが認識できます。
現在における公認会計士は、大変試験の難易度のレベルが高くなっていて、通信教育をどれにするかで、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。されど、沢山の会社が存在しているから、何処を選ぶのが合格を実現できるか、判断が付かない方も多いのでは。
現実多くの方は、誰もが知る会社だから確実なハズ等の、安易で説得力に欠ける理由を挙げ、通信教育を決めてしまいがち。だけど、そういったことではいざ公認会計士試験に、合格するはずはないです。

過去に日商簿記試験1級・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格に至った人だとしたら、公認会計士試験におきまして簿記論やまた財務諸表論の2教科につきましては、同じく完全独学で合格を実現しようとするのも、不可能なことではないと思われます。
要するに独学で行っても、キチンと、公認会計士のやるべき中身について把握できましたら、合格ゲットも実現可能です。だけど、それにはよほどの、長い期間に渡る必要がございます。
法律学部を卒業していなくとも、ともに現場での経験をしたことが無くても公認会計士の国家資格はとれるものですが、その分やはりオール独学は、かなりの勉強時間・量とも絶対に大事。ちなみに私も一から独学にて合格を得たので、ひしひしと思うわけです。
世間一般的に公認会計士の代わりに法的業務を行う街の法専家としまして、社会貢献が期待されております公認会計士の立ち居地は、威信を伴う職業資格です。ですから、その分試験の難易度に関しましてもとても難しいです。
当然ながら一から独学で、合格を叶えるといったことは、できることといえます。だけども、公認会計士の資格取得試験は10人受験して、誰も合格できないめちゃくちゃ厳しい試験でございます。そこを勝ち抜くには、早期に正しい勉強の仕方・コツをマスターするべきです。

一般的に良質な演習問題にて理解を深め十分頭にいれ基盤をつくった後に、実践的な総括問題・思考問題へと転換していく、基本の勉強法を実行するのが、公認会計士試験の内におけます簿記論の教科については、実に役に立つようです。
確かに公認会計士試験に挑戦する場合には、不十分な努力ですと合格できない、高難易度の試験であると思い知らされます。空いた時間を出来るだけ効率よく使用し試験勉強した受験者が、合格に近付ける試験なのでございます。
一般的に公認会計士試験を独学にて行うのは、すごぶる難しいことではありますけれど、前向きに頑張りたいとやる気がある人は、最初に会計学の勉強よりし始めるようにするといいでしょう。
合格率の数値が僅か3%の茨の道の、公認会計士試験におきまして合格を勝ち取るためには、オール独学での学習だけで挑戦するというのは、厳しいことがとても多くて、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験勉強をするというのが一般的といえます。
現在数多くの方々が、公認会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記なんかを、あれこれサーチして見られている理由は、高確率で、どうした勉強法・やり方が己に適しているかということに、思案しているからでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|あらかじめ会計... | トップ | 公認会計士|一般的に国内に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL