13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|いい点がいっぱいある…。

2017-07-11 08:40:08 | 日記

可能でしたら危険回避、石橋を叩いて渡る、用心を重ねてといった考えで、公認会計士試験を受験する際、信頼できる専門スクールに通学した方が不安が減りますが、オール独学を選択肢の中に入れたとしても良いといえます。
仕事を継続しながら寝る間を惜しんで勉強に励み、結局3回試験を受けて公認会計士試験に合格した、己の実際の体験を顧みても、最近の難易度は、相当難しくなってきているのではないでしょうか。
基本的に科目合格制度とされる、公認会計士試験の資格取得は、1回の試験で、5教科を受験するといった必要性はなくって、それぞれの科目ごとで受けても良いということになっております。1度合格できた科目は、公認会計士資格を得るまで有効なのです。
数年前までは合格率1割以上が通常になっていた公認会計士試験であったけれど、今日び、ダウンし一桁のパーセンテージにて停滞しております。合格率一桁台であると、高い難易度の国家資格の1業種として、捉えられるでしょう。
総じて、公認会計士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格することは、非常に困難であるということを覚えておくといいでしょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%以上になることがみられない事実があることからも、ダイレクトに推し量れるものであります。

つい最近は公認会計士試験に勝つための、ネットサイトですとか、ベテランの公認会計士が、受験生の為に勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を発信中で、情報能力またやる気をアップするためにも活用できるものだと思われます。
法律系国家試験の公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、10%位と、高難易度とされております割には、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。だけども、一度目で合格実現を果たすというのは、ほとんど0%と聞いています。
いい点がいっぱいある、公認会計士専門予備校通学においての勉強法でございますけれど、トータルで数十万円というそれ相当の投資が掛かりますので、どなたであっても参加できるものじゃありません。
どんな種類の予想問題集などで学習に励むかということ以上に、いかような勉強法を取り入れ学んでいくのかといった方が、ずっと公認会計士試験で合格のためには大事であります。
基本的に公認会計士試験を独学でパスするのは、めちゃくちゃ難しいですが、勉強のやり方に工夫を加えたり、有益な情報をちゃんと収集することで、わずかな時間で試験合格を果たすのも、出来てしまうのです。

実際特殊な法律の内容で、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、原則的に公認会計士試験については、社会人も受験しやすいように科目合格制度を設定しておりますので、各々一年に一度5年かけて合格を獲得していくやり方も、支障はない試験なんです。
公認会計士試験の勉強をやる上で、集中力を保持し続けることが出来なかったり、モチベーションの保持がきつかったりなどとBADな要素も結構あったわけですけど、全体を通して通信講座(通信教育)を申し込んで、合格への道が切り開けたように思われます。
簡単に言うなら「足切り点」(第一段階選抜)としたような特筆するべき制度が、公認会計士試験にあり大きな特徴です。分かりやすくいうと、「規準点以下ならば、通過できずに不合格となりますよ」とした点数が存在しているのです。
当サイトでは、公認会計士の受験対策の通信教育を、キッチリ選定できるように、第三者的な立場で評定できるデータをピックアップしていきます。それより後はあなたの判断で見極めてセレクトしてください。
実際に通信教育におきましては、教材そのものの品質が大きな影響を及ぼします。今日びはDVDかつネット配信などの映像での授業も沢山ありますが、公認会計士の資格学校によって、詳細な内容は差異があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|当然公認会計士... | トップ | 公認会計士|合格率の数値が1... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL