13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|ずっと昔から…。

2017-07-13 19:30:02 | 日記

一切独学で公認会計士試験にて合格を手に入れる場合には、自分なりに正確な勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。そのような場合に、一等優れた方法は、試験合格者がとった勉強法をそっくりそのまま実行することでしょう。
中には30万以上、それともまた50数万円も負担しなければいけない、公認会計士試験向けの通信講座も珍しくないものです。それに関しては受講契約の期間も、1年以上位の長い期間のカリキュラムとなっているケースが、よくあるものです。
当サイトでは、公認会計士資格取得を目指す通信教育を、失敗しないようにセレクトすることができるように、第三者的な立場で判断することが可能な役立つ情報を様々揃えております。そしてそれを参考にして、この先は自分自身で見極めてセレクトしてください。
ずっと昔から、法律の知識無しの状況から着手して、公認会計士試験合格に必須の勉学に対しての累計時間は、「3000時間少々」というデータがあります。調査してみても、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間前後と発表されています。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして考える頭を持った方」であるかそうじゃないかを判断するような、スゴク難易度アップの試験になりつつあるのが、つい最近の公認会計士試験の実際の様子として捉えられます。

一般的に国内におきましてもナンバー10に入る難易度とされる公認会計士試験の実際の中身は、全11分野の法律の中からたっぷり設問があるので、合格に至るまでには、長期的な勉強時間の確保が必ずいります。
原則的に公認会計士試験は、超難しいです。毎年合格率は、たった10%〜12%となっております。ただし、一度きりの試験でクリアするのではなし、何年間かかけて合格を獲得しようというのであったら、著しくやれないことではないです。
現実的に公認会計士の業務に関わる頼れる街の法律家として、期待が寄せられる公認会計士に関しては、社会の中で地位の高い国家資格です。したがって、それに反映して試験の難易度レベルもとても高めであります。
最近は、専門のスクールで直接教育を受けている人たちと、あまり大きく異ならない勉強が行えます。その点をリアルに可能とするのが、今日び公認会計士専門の通信講座のメイン教材と言われておりますDVD教材です。
近年、公認会計士試験でのリアルな合格率は、2〜3%前後とされております。必須とされる学習期間との双方のバランス加減にて考えたら、公認会計士の資格試験がどれ程までに難関となってるか見通すことができるでしょう。

ほとんどの方は、よく耳にする会社であるため安心といった、安易でいい加減なきっかけで、通信教育をセレクトしてしまいます。されど、そのようなことで決して公認会計士に、合格するはずはないです。
すでに日商簿記2級や1級の資格を最初から最後まで独学で取り組んで、合格を実現された方であれば、公認会計士試験の必須教科の簿記論や財務諸表論の2種の科目につきましては、これらも両方独学で受験に合格するのも、高難度なことではないのではないでしょうか。
実際毎年、2〜3万人の人達が資格試験を受験し、僅か600名〜900名強しか、合格を獲得できません。その1点に注視しましても、公認会計士試験の難易度の高さが判別できるといえます。
実際に全資格試験科目の平均での合格率は、概ね1割とされ、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が大分高いように思えますが、これに関しましてはそれぞれの科目の合格率の数値で、公認会計士試験全部をひっくるめた合格率ではないのです。
今日公認会計士の通信講座の中において、何より1番オススメのものは、高い合格実績を誇るLEC です。利用する専門のテキストは、公認会計士受験生間にて、大変人気の専門テキストとして注目されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に公認会計... | トップ | 公認会計士|基本的に演習問... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL