13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|実際くらしの法律専門家として…。

2017-07-12 15:00:02 | 日記

平成18年度以降、国家試験の公認会計士試験は、大幅に改正がなされました。それまでよりも法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢選択方式の問題やまた、記述方式問題みたいな思考&記述力が試される新たな問題等も見られるようになっています。
公認会計士を対象とする通信講座で、ナンバーワンにお奨め教材は、法律系資格取得を支援しているLEC であります。使っているテキスト書に関しては、多くの公認会計士受験者の中で、特に良い教材として高評価が集まっています。
司法試験と同じ勉強法ですと、新たな公認会計士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、トータルの勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。それに加えて有益な成果はあらわれず、費用対効果が望めません。
学習する時間が連日存分にあるという方は、王道とされる勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験に合格する可能性が高いですが、年がら年中仕事・家事などスケジュールに追われているような方には、現実に合った手段ではないでしょう。
1教科ずつの合格率の比率につきましては、概ね10%くらいと、1教科1教科ともに高難易度の公認会計士試験は、科目合格制度が採用されているので、仕事しつつ合格を現実にすることが可能な、資格といえるでしょう。

日本国内の公認会計士試験の合格率については、10%位と、難易度レベルが高めと知られているにしては、他の国家資格よりも高合格率となっています。しかしながら、たった一度きりで合格を得るといったことは、不可能に近いと言われている現状です。
税務分野の個別論点の問題をやりはじめたら、関連の練習問題に出来る限り積極的に取り組んで、しっかり問題を解き慣れるようにしておく万全を期した勉強法を組み入れるのも、公認会計士試験の簿記論の科目対策には相当有効性がございます。
現実的に公認会計士試験は、ハイレベルな国家試験といったように言われているため、信頼できる専門学校に行くようにした方が、確かではないでしょうか。ともあれ、オール独学であれど各々の人によっては、そのやり方がマッチしているならOKであるといったような事例もあるようです。
一般的に高い専門性を持つ試験内容で、難易度がスゴク高度でありますけれど、原則的に公認会計士試験については、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を採っているため、1教科ずつ5年の期間を費やして合格していくスタイルであっても、OKな試験でございます。
法人税法につきましては、事業を展開する際に、必ず知っておくべき基本の知識です。しかし、記憶するべき事柄が沢山あることによって、しばしば公認会計士試験の最難関という風に言われます。

最初から最後まで独学で公認会計士試験にて合格を得ようとする際には、本人が効率的な勉強法をあみださなければいけないです。そういったケースに、最も良いといえる工夫は、過去の合格者がとっていた勉強法とそのまんま同じようにすること。
試験に合格することが出来ない時の、総勉強時間のリスクを思案しますと、公認会計士資格試験に向けては専門スクールが開いている通信講座、また通学しての講座受講を利用するのが、より固いでしょう。
実際くらしの法律専門家として、活躍可能な公認会計士の試験を受ける時、学歴に関しましては不要です。誰であっても挑むことができますため、いくつもある通信教育の資格講座の中でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から人気が集まっている国家資格であります。
全部独学での公認会計士資格の勉強法を選択する時に、1番障害となることは、勉強をしているうちに何か疑問事項が出てきた時点で、尋ねることが出来かねることです。
一頃においては合格率1割以上が普通だった公認会計士試験でありましたけど、現在、ダウンし一桁のパーセンテージにて停滞しております。合格率一桁台であると、高い難易度の難関国家資格として、挙げてもいいでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|どんな種類の教... | トップ | 公認会計士|基本特徴ある科... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL