13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|普通公認会計士試験を受験しようとする場合…。

2017-06-13 17:00:04 | 日記

もちろん公認会計士試験をたった一人で独学にて進めるのは、物凄くハードルが高いのですが、独学にて挑みたいと考えている方は、ひとまず会計に関わる科目の勉強から取り掛かるべし。
超難関の法律系の国家資格とされている、高度な知識や経験を必要とする業務を執り行う、公認会計士と公認会計士なのですが、難易度を比較すると公認会計士の方がハードルが高く、そしてまた職務内容に関しましても、結構各々異なっております。
実際に大勢の人たちは、名の知れた会社だから間違いないなどの、根も葉もないいい加減なきっかけで、考え無しに通信教育を選ぶもの。でも、そんなことではいざ公認会計士試験に、合格することは出来ないと思われます。
1年間の中で秋時期の9月から、この次の年の公認会計士試験のために準備をスタートするといった人も、数多くいるんではないでしょうか。1年程度に及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、あなた自身にマッチする勉強法で実践することも必須でございます。
一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、10%強と、高い難易度であるとよく言われているにしては、高めの合格率となっています。ただし、最初の一発で合格を実現するのは、ほとんど0%と昔から言われているようです。

社会人をしながら、公認会計士になろうとするという人もいるのではないかと思いますため、あなたの行えます事柄を限られた時間の中で毎日ちょびっとずつこなしていく行動が、公認会計士試験の合格を可能にする最も近いルートなのかもしれないです。
難易度レベルが高い「理論暗記」はじめ公認会計士試験に向けての質の高い勉強法、なおかつ脳力開発、速聴方法・速読方法といったことについても完璧にリサーチ!このこと以外にも効率イイ暗記法でありますとか、勉強する際に、便利で価値あるお役立ちアイテムを当サイトで発信していきます。
サラリーマンをやり続けながら資格取得の勉強をこなし、どうにか3度の受験で公認会計士に合格することが叶った、私本人の体験過程を思い出しても、今はちょっと前より難易度レベルは、とても高めの傾向があるのではないでしょうか。
今多くの方々が、公認会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記なんかを、あれこれインターネット等でご覧になっている要因は、大半が、どうした勉強法・やり方がご自分に1番適切であるのか、迷いがあるからではないでしょうか。
リアルに会計事務所OR公認会計士事務所に入社し、現場において実地経験を重ねていきながら、のんびり学ぼうやり方を選ぶ人ならば、しいて言うなら通信講座がおススメと考えます。

現実的に公認会計士を目指すといった際については、予備校に通学せずに独学で合格を目指そうとする受験生が多く存在していないことも関係して、公認会計士以外の資格取得試験に比べたら、市販のテキストの種類も満足のいくほど、本屋さんに売っていません。
要領の悪い勉強法を実践して、茨の道に入ってしまうというのはめちゃくちゃもったいないことであります。何が何でも、手際の良いアプローチでごく短期で合格を勝ち取り、公認会計士になる夢を叶えましょう。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、これといった受験資格というものはなくて、これまでの学歴は一切関係ないものであります。ですので、今まで、法律につきましての勉強をした経験があらずとも、頭の良い学校を出ていないという場合であろうと、公認会計士の資格は取得できます。
公認会計士試験で合格を勝ち取るには、自分に合った正しい勉強法でやるのが、極めてマストです。こちらのサイトにおいては、公認会計士試験のスケジュールやかつ専門の参考書の選び方など、受験生にとりまして役に立つ情報各種をまとめてみました。
毎回合格率がたった3%のハイレベルの、公認会計士試験合格を目指すには、独学スタイルでの勉強のみで挑むのは、一筋縄ではいかないことが多く見られ、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して学ぶのが一般的といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|地域に密着した... | トップ | 公認会計士|実際合格率が全... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL