13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|実際公認会計士の合格率の値は…。

2017-06-20 04:50:02 | 日記

なるべくリスクヘッジ、堅実に、念には念を入れてという意味で、公認会計士試験にチャレンジする際に、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通う方がおススメではありますが、けれども独学を選択肢の中に入れたとしても不都合はございません。
今の公認会計士試験に関しては、事実上筆記問題しか存在していないというように、考えてしまって結構です。どうしてかというと、面接官との口述試験は、よっぽどの事が無い限り不合格扱いにならない形式的な試験だからです。
公認会計士の合格を狙うには、能率的な勉強法で行うのが、最もマストです。当ホームページでは、公認会計士試験の開催日だとか密度の濃い教本のチョイスの仕方など、受験生を対象に有益となる情報・最新ニュースを掲載しております。
講義を収録したDVDや、テキスト教材を見るという勉強方法に、少なからず不安感を持っているわけですが、実際通信講座を活用して、公認会計士の資格取得を実現している人も沢山いますし、独学で行うよりかは、安心できるのではないかなと思っています。
開講実績30年以上を誇るユーキャンの公認会計士課程に関しては、各年約2万人前後が学んでいて、何にも知識無しの未経験者でも、確実に試験の攻略法を基本的な事柄から身につけられる、合格率が高い通信講座です。

数年前までは合格率1割以上を保っていた公認会計士試験でございましたけれども、なんと今や、1割に届かない数値となって定着しています。合格率一桁のケースですと、難易度上位の国家資格の1業種として、認知されることになります。
今まで法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期学習で公認会計士試験合格を果たす先達も存在します。彼らのほとんどに共通する部分は、みんな自分にマッチした「効率いい勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。
極めて専門的な要素を含む試験の内容ですから、難易度が相当高いですが、しかしながら公認会計士試験では、便利な一部科目合格制を起用しているので、教科をひとつずつ5年間かけて合格を積み重ねていっても、いい国家試験とされます。
公認会計士対象の講座を受講できるスクールもカリキュラム内容についても色んなものがあります。ということから、数え切れないほどある公認会計士の資格取得講座の中にて、なかなか勉強時間を確保できない方であっても修学可能であります、通信講座を開いている専門スクールを色々リサーチしました。
実際公認会計士の合格率の値は、おおよそ1.75%と把握されています。今日、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院とした新規の教育施設が設立されて、この学部を終了したら、新司法試験受験資格というものを得ることが出来ます。

一般的に平均の合格率が毎年7%位と聞くと、公認会計士の国家試験はめちゃくちゃ難易度が高く感じますが、特定の基準に基づいた全体のうちの60%以上の問題が合えば、合格を得ることは決定となるのです。
公認会計士試験においては、試験の合格率が大体6%としたデータがでており、事務系国家資格のジャンルでは、ハードルが高い資格と言えます。されど、全ての試験問題の中少なくとも6割正解できたら、合格確実です。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験の主な科目の中におきましては、過度に難易度は厳しくなく、簿記の基本の知識をいくらか持つことができていれば、割りに難関ではなく容易に、合格判定を得ることが実現可能でしょう。
近年、公認会計士試験合格者の合格率は、一桁台で2〜3%くらいです。必要とされる合計学習時間との両者のバランスの様子で考えますと、公認会計士国家試験がどれ位難関試験であるのか想像出来るでしょう。
日本の法人税法に関しては、経営を行っていくにあたって、必要なマストな知識になります。ですが、覚えこむ量がスゴクあるために、公認会計士試験の科目の中で第一の関門等と表現されていたりしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|合格率の数字が... | トップ | 公認会計士|通常通信講座を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL