13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|公認会計士試験の役割は…。

2017-06-19 15:50:03 | 日記

公認会計士試験を受験するときは、基本筆記形式の試験しか無いものだと、判断して問題ないです。何故かといいますと、口述形式の試験は、90パーセント以上の割合で落ちてしまうことはありえない試験内容だからです。
世の中的に公認会計士においては、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、様々な年の人たちに注目されており、そして合格を勝ち取った以後は、個人事業で会社を設けて、いきなり開くのも不可能でない法律系資格試験でございます。
個々の教科の合格率の数字に関しては、およそ10%ぐらいというように、全教科ともに高難易度の公認会計士試験は、科目合格制度が採用されているので、働きつつ合格を目指せる、資格となっております。
現実的に公認会計士試験は、非常に難関といった風に言われる、日本の国家資格の1つ。こちらにおきましては、目当てとする公認会計士試験に合格するための効率的な勉強法・コツなどを、自らの合格するまでの経験を基礎に記載します。
いかような予想問題集などで勉強に取り組むのかというのではなく、どんなタイプの勉強法を選んで進めるのかといった方が、ずっと公認会計士試験で合格のためには大事であります。

高難度の税法教科の「理論暗記」を主に、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴・速読技術等についても徹底的に追求!その他にも上手い暗記のコツだとか、試験勉強に、重宝するお役立ちツールを当サイトで発信していきます。
法律を専門に勉強しておらずとも、実務の経験がなくっても公認会計士の仕事に就くことは可能なわけですが、けれどもそれだけ独学スタイルなら、物凄い勉強量をこなすといったことも要必須です。わたくし本人も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、断言できます。
難易度が高めの法律系試験であるのに、各科目毎別にして受験可能なことなどから、そんなわけで公認会計士試験におきましては、毎回5万人超を超える受験者が受験を行う、国家試験です。
公認会計士試験の役割は、公認会計士の資格を保有するのに基本とする専門知識とともに、その事柄を応用する器量があるかどうかを、見極めることを目的に掲げ、年に1度受験できる最高峰の国家試験です。
法律系国家資格において、専門知識が要求される仕事を行う、公認会計士と公認会計士なのですが、難易度を見比べると公認会計士の方がハードで、それに伴い執り行う業務の詳細にも、色々な点で異なる箇所がございます。

社会人として働きながらも、公認会計士になろうとするような人達も中にはいるのではないかと思いますため、本人の実行できることを日々絶えず努めていくのが、公認会計士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
全般的に、公認会計士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格を得るのは、難易度が高いという実態を認識しましょう。そのことは従前の合格率の値が10%を超えない事柄からも、誰の目にも明らかに知りえることでございます。
丸々独学でやっていて、勉強時間の管理や学習法などに、ちょっぴり不安を感じてしまうといった際には、公認会計士試験用の通信講座を受講してみるのも、それも1つの選択といえます。
合格を勝ち取り、近いうちに「自らの力で活路を開きたい」というような大きな願いを持つ人であるなら、実際公認会計士の難易度が高度であれど、その大波もきっと超えることができるハズ。
勉強時間が毎日一杯キープできる人は、基本の勉強法を行えば、公認会計士試験で合格を得ることも可ですが、自分で別の仕事をしているなど時間的に制約条件があるという方には、適正な手立てだとは言えないでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|超難関資格試験... | トップ | 公認会計士|通学での講座と... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL