13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|合格率の数字が3%強の難関の…。

2017-06-20 03:40:05 | 日記

合格率の数字が3%強の難関の、公認会計士試験において合格を獲得するには、オール独学での試験勉強のみでは、大変なケースが多く見られ、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて受験に向け勉強をやるのが通常であるといえるでしょう。
どこよりも低価格であったり対応する範囲を絞り込んで、学習の量をカットしたカリキュラムづくり、ハイクオリティの教材関係などが評判の通信講座の『フォーサイト』。公認会計士対象の通信講座と言えば名前が一番に挙がる、とされているくらい、高い人気を誇っています。
一般的に国家資格の内においても、より難易度が高い公認会計士とされておりますが、合格に辿り着くまでの道のりが簡単ではなく辛いからこそ、ついに資格取得を果たした先は就職先が沢山あるということや年収アップ、ともに憧れるステータスを取得することができることも可能になります。
当然ながら公認会計士の合格を目指すには、原則的に効率良い勉強法での進め方が、とっても大事といえるでしょう。当HP上では、公認会計士試験の日程表をはじめとする構成参考書の良い選び方など、受験者にとりまして価値ある情報などを載せています。
これまで素人で法律に関する知識など無いのに、僅かな期間で公認会計士試験に合格されるような人もおります。この人たちに同じように見ることが出来る点は、本人にピッタリの「効率的な勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。

従来より、法律の知識ゼロよりスタートして、公認会計士試験合格に欠かせない試験勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実確かに、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間超とされています。
通信講座のケースですと、公認会計士でも公認会計士であれど、いずれも指定先まで教本などを届けて貰うことが可能であるので、各人のスケジュール管理によって、勉学にいそしむのが可能です。
一般的に公認会計士試験につきましては、公認会計士の業界に入るために求められる造詣の深さ、そしてそれについての応用力をしっかり身につけているかどうなのかを、チェックすることをメインに、公的に開催されている高難易度の国家試験です。
資格をとるため専門学校にて公認会計士を対象としている講座を受けて勉強したいのですけれども、近くの地域にはそのようなスクールが見当たらない、毎日仕事が忙しくて手一杯、予定がつまっていて学校に通う時間がとれないとした人たちのために、個々のスクールでは、自宅にいながら勉強できる通信講座を取り入れています。
実際科目合格制度の、公認会計士試験に関しましては、1度の機会に、5教科を受験するといった必要性はなくって、それぞれの科目ごとで受験してもOK。1度合格点を得た科目は、公認会計士になれるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。

実際9月時期から、次に迎える年度の公認会計士試験に狙いを定めて準備をスタートするなんて方々も、沢山おられるのではないでしょうか。おおよそ一年間長期間続く受験の勉強では、ご自身にフィットする勉強法を見つける工夫も必要であります。
現実的に毎年、2〜3万名ぐらいの人達が資格試験を受験し、たった600〜900名強しか、合格に至れません。その点を鑑みても、公認会計士試験難易度が超高いというのが把握できます。
言うまでも無く、公認会計士試験を受けるには、不十分な努力ですといい結果が出ない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を効率的に活かして勉強したという方が、合格を実現できる実力勝負の試験とされています。
合格率の値が7%前後と言われると、公認会計士の試験の程度はスゴク難易度が高く感じますが、絶対評価で到達点数の合計60%以上の試験問題が合えば、合格実現は確実となります。
長い時間を要する公認会計士試験の学習は、集中力が継続し辛かったり、モチベーションの保持が困難だったりなどの弱点も味わいましたが、総合的に見たら通信講座を選んで、良い結果につながったというように思っております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|通学での講座と... | トップ | 公認会計士|実際公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL