13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|基本的に公認会計士試験は…。

2017-06-18 11:30:10 | 日記

基本的に公認会計士試験は、レベルが高い国家試験といわれている試験なので、勉強法をしっかり学べる専門スクールに通学するようにした方が、確実に無難かと思われます。と言っても、何もかもすべて独学で貫こうと人により、とても効果がみられるというような実例もよくあります。
現実的に毎年、2〜3万名ぐらいの人達が資格試験を受験し、そのうちの600人から900人少々しか、合格に至れません。この状況に注視しましても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかがみてとれます。
これまで法律の勉強をしたことなどないのに、短期集中で公認会計士試験に合格できる先輩もいたりします。合格者の皆さんに共通する部分は、自身にピッタリの「実践的な勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。
資格を獲得して、そう遠くない将来「自力で挑戦したい」とのような積極果敢な意欲が存在する方ならば、例え公認会計士の資格取得の難易度の程度が相当高くても、そんな障害も絶対に乗り超えることが出来るはずです。
基本的に公認会計士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、超困難ですけれど、勉強法に変化を持たせるとか、必要な情報を整理することで、少ない時間で合格することを目指すというのも、実現不可能なことではないのです。

こちらのウェブサイトにおきましては、公認会計士向けの通信教育を、しっかり選定することができるように、中立的な立場で判断することが出来る様々な材料を随時発信していきます。そしてそれを参考にして、この先はあなたの判断で最適なものを選んで。
一般的に公認会計士試験につきましては、公認会計士の資格を得るのに必要とされる法律の知識、かつまたそれについての応用力をしっかり身につけているかどうなのかを、判断することを1番の目的に、年に1度受験できる法律系の国家試験です。
当然ながら公認会計士の合格を目指すには、効率の良い勉強法で進めるのが、何より重要です。当サイトにおきましては、公認会計士試験の予定及び専門の参考書の選び方など、受験生たちに有効な情報をピックアップしました。
実際に合格率3%程度のハイレベルの、公認会計士試験にて合格を得るためには、完全独学の勉強だけで臨むのは、容易に事が運ばないようなケースが大いにあり、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して学習するのが多数派となっております。
現実公認会計士試験は、かなり難易度が高めであります。毎回合格率は、大体10%ほどです。けれども、一度だけの試験にかけないで、数年かけて合格を得ようとするならば、特段大変なことではないでしょう。

難易度高の「理論暗記」を中心に取り扱い、公認会計士試験の効率のいい勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関しても徹底追及!その他にも上手い暗記のコツであったり、学習に、便利で価値あるお役立ちアイテムを皆様に提供していきます。
常に何でも「法律を基軸とした考える力が備わっている人」であるかどうであるのかといったことをチェックするような、めちゃくちゃ難易度が厳しい試験になってきているのが、昨今の公認会計士試験の実相ではないかと思います。
毎年総じて、公認会計士試験の事実上の合格率の数字は、おおよそ2〜3%位であります。勉強にあてる総時間数との相互関係で考えますと、公認会計士の資格取得試験がどんだけ難易度が高いか知ることが出来るのでは。
無論のこと独学スタイルで、合格を目指すのは、可能であります。しかし、毎年公認会計士は10人試験に臨んでも、合格者ゼロの場合もあります難関試験となっています。合格を勝ち取るには、早期に正しい勉強の仕方・コツを習得しなければいけません。
通常例題でよく理解し基礎の部分を掴んだ後、具体的な学習問題へとスウィッチしていく、王道的な勉強法を採用するのが、公認会計士試験での会計科目の簿記論におきましては、非常に有用とされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に「法的な... | トップ | 公認会計士|国家資格専門学... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL