13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|当然公認会計士資格試験で合格を得るには…。

2017-06-14 21:10:04 | 日記

ベテランの先生たちからいつでもアドバイスを受けることができる専門学校へ通うプラスの点は、大変魅力がありますけれど、常に攻めの気持ちさえ持ち続けることが出来るなら、公認会計士の通信教育での学習によって、しっかりスキルアップが実現可能です。
毎回全試験科目の合格者の合格率の平均は、10〜12%程度となっていて、他のハイレベルな資格よりも、合格率が若干高いように見えますが、それに関しては各試験科目の合格率の平均値であって、公認会計士試験全体の合格率ではございません。
現実的に公認会計士試験は、レベルが高い国家資格取得試験でありますため、とりあえず公認会計士対象の専門学校に入った方が、いいかもしれません。ただし、たった一人で独学で進めても、とても上手くいくケースもあったりします。
たった一人で独学にて公認会計士試験に合格するぞとした場合は、己で合う勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。このために、何より良いといえる工夫は、先の合格者が実際に行っていた勉強法を参考にすることです。
毎年毎年、2、3万人辺りが試験に挑み、約600名から900名のみしか、合格できないのです。その1点に注視しましても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかが認識できます。

当然公認会計士資格試験で合格を得るには、適切な勉強法でのやり方が、大変大事といえるでしょう。こちらのサイトにおいては、公認会計士試験の開催日だとか密度の濃い教本のチョイスの仕方など、受験生にとって便利な情報等を紹介しています。
毎年合格率が約2・3%の超狭き門の、公認会計士試験において合格を獲得するには、1人独学での受験勉強のみで進めるのは、ハードな事例がとても多くて、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強をするというのが大半でしょう。
実際公認会計士試験をはじめから独学で挑むことは、大変壁が高いものですけれども、チャレンジしたいと思っている受験者は、先に会計の科目の勉強からし始めるといいのでは。
実際国家資格の中におきましても、高い難易度とされている公認会計士であるわけですが、他と比べて合格を獲得するまでの経過がハードであるほど、資格を取得した後には確実な就職やお給料、より高い地位を築けるということも考えられます。
基本的に公認会計士の職種は、全て独学で行っても合格を手に入れられる資格の一つとしてあげられています。確かに、会社員である人が奮起して挑む資格としては期待ができますけれども、それと同時に高難易度とされております。

一般的に公認会計士の仕事は、日本の法律系国家資格試験の関所として、様々な年の人たちに注目されており、そして合格を勝ち取った先々には、自ら公認会計士事務所を設けて、独立・起業も選択として選べる法律系専門資格試験となっています。
さしあたって受験生たちが、高難度の公認会計士のリアルな合格体験ブログ等を、いろいろと情報を探し回って読んでいる理由というのは、ほとんどの場合、どうした勉強法・やり方があなた自身にマッチしているのか、思案しているからでしょう。
現場において「法律的に考える力が備わっている人」かそうでないのかを見極めるような、かなり難易度が厳しい受験としていわれているのが、ここ最近の公認会計士試験の現実の姿と受け止めています。
一切独学でやっているけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強スタイルなどに対して、懸念するといった際には、公認会計士試験を対象としている通信講座を利用して勉強を行うといったことも、1つのパターンかと考えます。
普通大半の方は、名の知れた会社であるため安心といった、無根拠のアバウトな理由を掲げて、通信教育を選びがちです。でも、それでは高難易度の公認会計士に、合格なんて出来るはずはありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|全て独学で公認... | トップ | 公認会計士|現在…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL