13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|国家資格の内でも…。

2017-07-12 01:30:02 | 日記

公認会計士の合格者の合格率は、おおよそ1.75%と公表されています。近ごろ、法律専門研究の法科大学院が建てられ、全部の教育課程をクリアしたら、新司法試験を受験することができる資格を獲得することができます。
一言でいいますなら「足切り点」(足切り最低点)という怖いシステムが、公認会計士試験にはございます。わかりやすく言い換えますと、「必要な点数を超えなければ、不合格の判定になります」とされます境界の点数がございます。
大方の資格取得学校につきましては、公認会計士資格向けの通信教育が設けられております。またその中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、時代の最先端をゆく通信教育を受講することが可能である、スクールというのもあります。
お勤めしながら、公認会計士資格ゲットを狙っているという人もいらっしゃるかと存じますので、自らの実行できることを限られた時間の中で毎日ちょびっとずつ続けていくといったことが、公認会計士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
今日びの公認会計士試験に関しましては、実質的には筆記問題しか用意されていないと、考えていいです。その理由は、口頭試験につきましては、余程マズイことをしない限りまず落ちることは無いような試験の中身だからです。

長い時間を要する公認会計士試験の学習は、集中力維持が難しかったり、いつもモチベーションを保持し続けることが苦しいというような欠点も見られたわけでありますが、総合的に見たら通信講座を受けて、合格への道が切り開けたという結論が出ています。
難所である「理論暗記」を中心に取り扱い、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法、なおかつ脳力開発、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましても余すことなく突きつめています!そのこと以外にも暗記テクニックでありますとか、勉強する際に、実用的なツールを皆さんに提案していきます。
消費税法の中身は、公認会計士試験のメイン科目の中においては、他よりもさほど難易度は高めに設定されておらずに、簿記に関する基本知識をいくらか持つことができていれば、他よりもイージーに、合格点を満たすことが出来るといえます。
実際とても難しいというように知られている公認会計士試験の難易度に関しましては、極めて高いものとなっていて、合格率を見ても大体3%未満と、法律系国家資格の中でも、トップクラスの難関系試験とされております。
国家資格の内でも、特段難易度が高めである公認会計士なのですが、合格に辿り着くまでの道のりが難関であるからこそ、ついに資格取得を果たした先はニーズの高さや給料、同時に高ステータスのポジションをゲットできるということも考えられます。

合格率の値が一桁台と、公認会計士試験は難易度のレベルが高い国家試験です。だけど、過剰にビビることはありません。適切な勉強を行えば、あなたも卒なく合格を獲得することは可能です!
実際に通信講座ですと、公認会計士でも公認会計士だとしても、どちらにせよ本人の家にまで教材一式を配送して貰えますので、あなた自身の限られた時間を有効活用して、勉強に励むのが可能です。
今までは公認会計士試験については、他と比較して獲得しやすい資格であると認識されてきたわけですが、ここ最近は思い切り難易度が上がっていて、かなり合格が出来ない資格と言われています。
最近公認会計士の通信講座にて、どれよりも一番にお奨め教材は、LEC(Legal Education Center) でございます。使うテキスト一式においては、公認会計士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、最も実用性優れたテキスト本として評価が高いです。
日中会社に通勤しながら真面目に勉強を行って、3回目の正直で挑んだ試験で公認会計士合格を獲得しました、わが身の過去を振り返っても、昨今の難易度レベルは、とても厳しくなってきているように感じています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|公認会計士の代... | トップ | 公認会計士|実際に費やすお... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL